Moyadiary
リケジョママのゆるりとアンチエイジング。
教育・英語・公文・中学受験

帰国子女の英語力維持の方法 我が家が取った対策 英語保持教室など

帰国子女の英語力維持

我が家が取った英語力維持のための対策

上の子が6歳、下の子はまだ0歳の時に我が家は4年半にわたる米国赴任から帰国しました。あれから7年の月日が流れましたが、上の子はいまだに流ちょうな英語をしゃべることができます。

バイリンガル教育の方法 日本とアメリカでいつからどのように始めたか帰国子女のバイリンガル教育 6歳で帰国した娘の英語力維持 前回帰国子女である上の子の英語教育について書きました。上の子は2歳から...

たまにどのように語学力を維持させているのかと聞かれるので我が家の英語教育について軽く書きたいと思います。語学対策を何もしなければ子供は幼ければ幼いほどほど凄い勢いで言葉を忘れていくと聞いていたので、我が家は英語力保持に向けて大きく分けて3つの対策を取りました。

帰国子女専門の英語塾に通わせた

一つ目の対策は帰国子女専門の塾に通わせることです。あらかじめいくつかの帰国子女専門の塾をピックアップして調べていました。最終的に二つに候補を絞り、帰国後にはそれぞれの塾に見学に行きました。

最初の塾は帰国子女財団の運営する帰国子女英語保持教室(JOES)です。ここは塾というよりは海外でいうところの週末日本語補習校に近い存在で、誰でも受験できるわけでは無く海外に2年以上親の仕事の都合で帯同した子供のみ受験資格があります。現地校レベルの勉強をカリキュラムに沿ってレベル分けを行いながら学習していくスタイルで、授業料は主人の会社がこの帰国子女財団のメンバー企業の一つであった為3割ほど安くなりました。

もう一方の塾は首都圏の帰国子女入試の名門、帰国子女アカデミーです。帰国子女アカデミーには帰国子女以外に国内のインターナショナルスクールに通う子供やハーフの子供なども通っています。純粋に英語力で入塾試験を行いレベル分けをします。高学年になると中学受験対策クラスと一般クラスに分けられ、受験対策クラスに行くとかなりハードにきっちりと受験対策を行ってくれるそうです。学費はJOESに比べ多少高額になります。

これらを検討した際、上の子は帰国時期も早く中学受験に英語を使わないだろうと思った事と、授業レベルに差を感じなかったこと、会社の補助があり学費が安く済むことを踏まえJOESに行くことを決めました。しかしJOESのスタート学年が小学校2年からだったので、帰国時幼稚園年長だった上の子は、JOES関連教育機関であるルーツインターナショナルに籍を置き、その後2年生になる直前にJOESの試験に挑戦して合格し転塾しました。

TVを置かないことを決めた

二つ目の英語力保持のための対策はTVを置かないことでした。これは正直私が一番きつかったのですが、4年半に及ぶ海外生活で直近の日本のTV番組もよくわからなかったので何とか我慢することができました。

インターネットや動画専門サイトで子どもの好きだったアメリカのTV番組を見せながらアメリカの子供と同じように育てました。この過程で下の子も英語のメディアで育ったためか流ちょうに英語を話す子に育ちました。子供をバイリンガルに育てたいと思っている親御さんに一番すすめたいのはこのメディア対策です。

今はネットの時代なのでいくらでも無料で素晴らしい海外のコンテンツが見れます。子供はスポンジのように語学を吸収するものです。日本語は親や友達からで十分なので他の情報をすべて英語に切り替えることでかなりの英語力がつきます。

TVの無い我が家で育った小1の息子 受動的情報収集の危険性について英語学習を理由にテレビを購入しなかった我が家 我が家にはTVがありません。以前子供の英語教育の記事でも書きましたが、TVを置か...

海外のサマーキャンプに通わせた

三つ目の対策は夏休みなどの長期に海外のサマーキャンプに参加させることです。ここで何故海外のもの限定かと言いますと、国内のインターナショナルスクールなどで行われるサマーキャンプはきちんとした英語レベルのものはその学校の生徒しか参加できず、外部に開かれているキャンプは英語のできない日本の子供が英語に慣れ親しむためのものであり、十分な語学力があるものにはベストなレベルとは言えないからです。

この海外のサマーキャンプについては長くなるので後日別記事に上げますが、上の子は中学受験が本格化する前の小学4年生の夏まで毎年海外のサマーキャンプに参加して英語力の勘を取り戻していました。

海外で英語 夏休み親子留学グアムGuam サマースクールCamp子供の英語力維持向上のために 子供は環境適応能力が高く何もしないと言語を忘れてしまう 上の子が帰国したのは4年半に及ぶアメリカ生活が...

結果として

これら3つの英語力を維持するための対策を取った結果、幼稚園時帰国でありながら上の子はかなりの英語力を維持しています。9歳で英検2級に受かり、一般受験での中学受験時期を挟み現在中1ですが英検準1級を持っています。1級はまだ未受験ですがコロナが終わればいずれ挑戦するでしょう。中学受験は一般入試で受かった学校に進みましたが、帰国子女入試にも挑戦し、早い段階で合格をいただけたおかげで一般入試本番での緊張を回避できました。

子供の頃の語学力の維持向上には親の協力が不可欠です。3つの英語対策の中で上でも書きましたが私が一番皆さんに勧めるのはメディア対策です。一貫して英語しか見せない、自分も英語しか見ない(もちろん子供のいないときは日本のドラマとか見ますけど)。これらのメディア対策は是非騙されたと思ってやってみてください。帰国子女は勿論、我が家の下の子のように0歳から日本育ちでも自然な英語を流ちょうにしゃべれるようになります。

ABOUT ME
Moya
アラフォー理系ママです。化粧品、美容医療、ダイエット、サプリメント、食、ファッション、旅、教育、その他お得情報etcを体験談やデータに基づき比較検証しながら日記形式で気楽につづっています。橋本病(甲状腺機能低下症)を持病に持ちながら、前向きに健康と美を追究しています。
PVアクセスランキング にほんブログ村
error: Content is protected !!