Moyadiary
リケジョママのゆるりとアンチエイジング。
シミ治療・美肌対策・化粧品etc

市販の濃度は嘘?純ハイドロキノンと安定型ハイドロキノンの違いとは?

以前ブログでも紹介した美白、ハイドロキノン&トレチノイン療法

今日は美白クリームの頂点に君臨するハイドロキノンについて話をしていきたいと思います。

以前にもブログに書きましたが、私は皮膚科医指導のもとハイドロキノンとトレチノインが配合されたメラフェードというクリニックコスメを使って、肌のシミ取り美白をしたことがあります。

ハイドロキノンは美白効果は抜群ですが、副作用も強く、皮膚科医の指導のもとで使うのが定説ですが、最近近所のドラックストアで普通に販売されているのを見て不思議に思っていました。

メラフェードとゼオスキン シミ小じわ対策 美白にはハイドロトレチメラフェードという医療用美白コスメ メラフェードという美白コスメをご存じですか? シミや小じわを改善したい方や美白に興味のある方は東...

ハイドロキノンがネットやドラックストアでも買えるようになった

副作用の強いハイドロキノンが、何故普通にドラックストアで売っているのか?しかも薬剤師を介する必要すらなく普通のコスメと同じ棚で売られています。

クリニックコスメであるメラフェードやゼオスキンのハイドロキノンですら4%なのに、市販のハイドロキノンは5%とか10%とか明記されているものも多くあります。

どういうこと?そんな濃度のハイドロキノンを医師の許可なく使えるの???

不思議に思った私は試しに5%濃度の物を一つ購入してみることにしました。

市販の5%原液がクリニックの4%より効果が低いと感じた

早速帰宅して、毎晩同じ時間にたっぷりと使用してみることにしました。

何故たっぷりと使ったかというと、初めは恐る恐る使っていたのですが、数日たっても高価も副作用もあまり感じられなかったからです。

これはあきらかにクリニックコスメのハイドロキノンとは別物だな・・・私がそう確信していた時に、ちょうどタイミングよく視聴登録をしている、Youtuberのお医者様がこのことについて話題にあげていました。

Youtubeで市販品の効果について指摘されていた

余談になりますが、私は最近肌の再生医療に興味があって、この北條先生のYoutube動画をマメに視聴しています。

私は、切ったり削ったり異物を永久に体内に入れたりといった、いわゆる美容整形には興味がありませんが、美容皮膚科レベルのアンチエイジングにはとても興味があって、塗ったりかざしたり当てたりするものはちょくちょく手を出してブログでも紹介しています。

その中で肌の再生医療が一番効果がありそうだなぁと最近興味を持っています。(効果もありそうだけどとても高価なので手が出せずにいます(笑))

話がそれましたが、北條先生は肌の再生医療の専門家でありながら、結構再生医療以外の小話も多くされるのですが、今回は偶然にもこの市販のハイドロキノンについて話をされていました。


この動画を視聴した後、やはり医療用ハイドロキノンと化粧品として売られているハイドロキノンは別物であると確信しました。

ただ、一つ腑に落ちなかったのは、コスメとして売られているハイドロキノンに5%とか10%とか堂々と記載されていることです。

ハイドロキノンには大きく分けて二種類ある

私は市販のハイドロキノン濃度に対する記載がどうしても納得いかなかったので、これについて早速色々と調べてみました。

そして納得のいく結論にたどり着きました。

どうやらハイドロキノンには二種類あり、クリニック処方のハイドロキノンは純ハイドロキノン、市販のものは安定型ハイドロキノンが殆どであるようです。

皮膚科で処方される純ハイドロキノン

メラフェードやゼオスキンのように、医師の指導のもとで使われる、この純ハイドロキノンが、効果が高く副作用の割合も高い、私たちがイメージしているハイドロキノンになります。

純ハイドロキノンはメラニン色素を淡色化する「還元作用」があるため「肌の漂白剤」と呼ばれるほど効果が強い一方、肌の赤みやかぶれ、白斑などの強い副作用が懸念されます。

ドラックストアやネットで買える市販のものの多くは安定型ハイドロキノン

一方で、コスメとして購入できる安定型ハイドロキノンは純ハイドロキノンに比べて効果もマイルドで副作用も少ないものとなっています。

たまにブログやtwitterでハイドロキノンは効果が無いなどと書いている人がいますが、おそらくコレは安定型ハイドロキノンに対する感想なのかな?と個人的には思います。

安定型ハイドロキノンは副作用も少ないですから、ハイドロキノンが気になるけどクリニックに行く時間が無い人が試しに期待しすぎずに使ってみるのはよいかもしれません。

ハイドロキノンの濃度表記に注意

純ハイドロキノンと安定型ハイドロキノンの濃度記載には注意しなければなりません。

例えばハイドロキノン5%表記の商品の商品であっても

医療レベルの純ハイドロキノンを使用している場合

→全成分中の5%を純ハイドロキノンが占めている

安定型ハイドロキノンを使用している場合

→全成分中の5%を安定型ハイドロキノンが占めているが、この5%の安定型ハイドロキノンのうちハイドロキノンの割合がどれくらいかは不明。

(例えば上記の場合、使われている安定型ハイドロキノンが、ハイドロキノンと他の成分3:7で作られていれば、純粋なハイドロキノン濃度は理論上1.5%になる)

医学知識が無いのに医療用を個人輸入するのはやめよう

上記に述べてきたように、クリニック処方の純ハイドロキノンは美白効果がとても高いけれど、同じように副作用の危険も高くなります。

ですから医学の知識の無い人が、誰かのブログを読んで見よう見まねで、純ハイドロキノンを個人輸入して使ってみるような行為はとても危険なものです。

私は医師の指導のもとメラフェードで純ハイドロキノンを使用した過去があり、副作用も強く出なかった事、自分も薬剤師なので薬の知識があった事などから、これ等を試しに個人輸入してみたことがありますが、あまりにも多くの人が薬剤の強さもわからずに薬を個人輸入して、コスメのように気楽に使っていることに以前警告の記事を書いたことがあります。

この時のブログに問題提起したクリームは、医療レベルのハイドロキノンとトレチノインが入っていて、同時にかなり強めのステロイドが入っているにもかかわらず、非常に多くの人が吸収率の高い粘膜に使用したり、異常な長期使用をしているようでした。

ユークロマプラス(ハイドロキノン)を個人輸入した感想や使用感と注意点ハイドロキノンとトレチノインを使った東大式 医療用の美白成分と言えばハイドロキノン! 医療用の塗り薬で美白効果が有るものの代表が...

お勧めのネットで買える市販のハイドロキノン

純ハイドロキノンが効果が高いことがわかっていても、副作用も同じく高いため、医学の知識の無い人が海外から個人輸入してそれを使うことは決して賛同できません。

ですから、クリニックに行く時間が無い人や副作用が怖い人は、とりあえず効果も副作用もマイルドな安定型ハイドロキノンを使用してみるのがお勧めです。

安定型ハイドロキノンにも色々種類があるので個人的にお勧めなものをいくつか紹介します。

一番手軽で有名なのは旭研のハイドロキノン


私が過去に買って使用したものに旭研のハイドロキノンの原液があります。

また、原液の扱いが苦手な方には同じ旭研でクリームタイプの物も売られているので参考にしてみて下さい。

ただこの旭研のハイドロキノンは使用感が医療処方のものに比べて弱いのですが、記載表記だけ見ると純ハイドロキノンのように書かれていて、正直謎です。(個人的には使用感もマイルドだし、北條先生の主張のように、医療レベルとは違うんじゃないの?と思っています。)

価格がお手ごろなKISO

安定型ハイドロキノンの中でも価格がお手ごろで使いやすさが人気のものはKISOになります。

初めてのハイドロキノンにお勧めの一品です。

カプセル化で安定させたビーグレン

ハイドロキノンを独自のカプセル化によって安定させたビーグレンは、とても使いやすく人気の品になります。

ハイドロキノンは不安定な物質なので独自処方で安定化させているのはとても魅力的でおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?私のように、クリニック処方でハイドロキノンを使用した過去がある人で、市販のハイドロキノンを購入した人は、その効果に疑問符を持っていた人は多いのではないでしょうか?

市販のハイドロキノンはクリニック処方の純ハイドロキノンではなく、成分的には効果もずっとマイルドで副作用も少ない安定型ハイドロキノンと呼ばれるものが多いようです。

安定型ハイドロキノンは効果はマイルドですが、安全性も高く、ハイドロキノンを試しに使ってみるのにはお勧めのコスメになります。

クリニックに行く時間の無い人は是非試しに市販のハイドロキノンを試してみることをお勧めいたします。

ABOUT ME
Moya
アラフォー理系ママです。化粧品、美容医療、ダイエット、サプリメント、食、ファッション、旅、教育、その他お得情報etcを体験談やデータに基づき比較検証しながら日記形式で気楽につづっています。橋本病(甲状腺機能低下症)を持病に持ちながら、前向きに健康と美を追究しています。 ※Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています
PVアクセスランキング にほんブログ村
error: Content is protected !!