Moyadiary
リケジョママのゆるりとアンチエイジング。
化粧品・コスメ

オーガニックコスメとケミカルコスメ 違いとコスパについて考察

オーガニックコスメとケミカルコスメ

化粧品のオーガニックは食品と違って特に規定が無い

オーガニックって響きのいい言葉ですよね。食品も衣服も化粧品も何もかもオーガニックにこだわっている方をたまに見かけます。日本では、食品においてはオーガニック認定についての厳しい決まりがありますが、化粧品においては特に基準がありません。購入している方も何となくの良いイメージで購入されている方が殆どなのではないでしょうか?

日本でオーガニックコスメと呼んでいるものは・・・

日本では一般的に、有機栽培された植物を使って作った化粧品をオーガニックコスメと呼んでいます。化学肥料や農薬を使わずに育てた植物の成分を抽出し、合成界面活性剤や人工香料などを添加せず、自然の成分のみで作っているものがオーガニックコスメなのです。通常のものより勿論手間暇かかりますからその分、大量生産が難しくなり、少々割高になってしまうという側面があります。

一方でケミカルコスメは・・・

一方その他の通常のコスメをケミカルコスメと言います。ケミカルコスメに含まれている石油系の成分は大量生産を可能にするため、作るのに手間のかかるオーガニックコスメよりも低価格なものが多いです。

ケミカルコスメを嫌う人は乳液やクリームなどの有効成分をお肌の奥まで浸透させるために使われている界面活性剤や、潤いをお肌の奥に閉じ込めるために使用される合成ポリマーなどを嫌がることが多いです。これは本来肌を外部の刺激から守っている皮脂を溶かしたり、肌の正常な働きを低下させてしまう可能性があると言われているからです。

ケミカル化粧品は肌に良くないの?実はオーガニックコスメの方がリスクがあることも!

それではケミカルコスメは悪いのか?と聞かれると私はそうではないと思います。ケミカルコスメは生産性をあげるためだけに作られているわけではありません。よく考えてほしいのですが本当に天然由来のものであれば安全なのでしょうか?

私が大学生の頃、薬理学の教授が、よく女性が天然由来のものが良いと思って肌にヨーグルトを塗ったりはちみつを塗ったり変な美容法をしているのをTVで見かけるがあれが市販の基礎化粧品より良いなどということは絶対ない、とおっしゃっていました。

というのも人間にとってのアレルゲンなどは殆どが自然由来のものであり、天然由来のものが安全だなどとは言えないからです。一方で一般的なケミカル基礎化粧品はそういうアレルギー反応や副作用について何度も実験検証されて市販にこぎつけたものであるので、安全性が高い部類に入ります。

オーガニックコスメのリスク

オーガニックコスメは、一つ一つ安全性実験をしながら成分を添加してつくられたケミカルコスメに比べて天然であるがゆえに不純物が含まれるリスクが高くなります。原料中に不純物が含まれる場合、その種類によっては、刺激を感じたり、皮膚アレルギーを引き起こしたり、悪影響を与える可能性があります。

また、不純物が多いと、例えば高い温度や日光に長時間さらされると色・匂いが変わるなどの品質劣化につながることがあります。ですから、不純物がない化粧品を使うほうが安心です。でも、天然物には、いろいろな成分が含まれています。オーガニック成分・天然成分を抽出する際、どうしても取り除けない不純物が混じります。

例えば、ホホバオイルは、ホホバの種子を原料とする植物油ですが、抽出時に約5%の不純物が混ざります。もちろん、ホホバオイルを扱う企業は、この不純物に対して安全性のテストを行います。安全性のテストで、肌に刺激を与えないことを確認しないと化粧品成分として配合できないからです。しかし貴女はよく分からない不純物が5%も混じった製品を使いたいですか?

天然成分と天然由来成分は違う

冒頭にも書いたようにオーガニック化粧品には現在厳密な定義はありません。オーガニックコスメ、低刺激コスメ、自然派化粧品、etc…色々な表現がありますが、売る側の言ったもの勝ちであることが現状です。

多くの人が自然派化粧品に配合される美容成分は、天然成分だと思っています。でも、自然派化粧品に配合されているのは、天然由来成分です。天然由来成分とは、自然界に存在する成分を合成処理をした成分や、天然物を主原料として合成された成分です。天然由来成分って書いてあると、天然っぽい気がするのですが厳密にいうと天然成分ではありません。

たとえば、ズバリ石油も天然物です。嫌われがちな石油から合成された成分も、出発原料は天然物なので、天然由来成分だといえます。つまり、自然派化粧品に配合される天然由来成分は、自然派のイメージがあるだけで普通の合成成分だといっても過言ではありません。

石油で作られた代表はワセリン

我々は石油で作られたものを肌に塗るというだけで本能的に嫌悪感を抱いてしまっています。石油で作られたものは全て体に悪いイメージがあるのです。しかしよく考えてみてください。最も低刺激で評価も高い塗り薬であるワセリンは完全に石油からつくられています。

私が下の子を米国で出産した際、子供の体に産まれてすぐあせものようなぶつぶつができたのですが主治医はワセリンが一番安全なのでワセリンを塗るようにと言いました。産まれて数日の新生児に一番安全と言われたのは石油由来のワセリンだったのです。

オーガニックコスメとケミカルコスメを比較して

今回オーガニックコスメとケミカルコスメを比較して私が言いたかったことは大きく分けて3つあります。

一つ目は皆さんもご存じの通り製造過程に手間暇がかかるのでオーガニックコスメの方がケミカルコスメより一般的に高額になることです。コスメの価格は成分の希少性や抽出の手間暇、広告費などで決まりますからそのことからも理解できます。

そして二つ目はオーガニックコスメとケミカルコスメに安全性の差はないということです。ケミカルコスメは安全性を実験しながら成分を添加してつくられるのに対し、オーガニックコスメは目的の成分を抽出して添加していくことで作られます。この抽出の過程で不純物が含まれるため不純物は製品の性質上オーガニックコスメの方が多くなってしまいます。

三つめは現在の日本にはオーガニックコスメの公的な基準が無いので過激に言えばそれっぽく言ったもの勝ちとなっていることです。天然由来という言葉に置き換えてしまえばどんなものでもすぐに良い印象を与えてしまうことができるでしょう。

最後に

私はオーガニックコスメで気に入って使用しているものも勿論あります。それは成分や使用感が気に入っているからです。そして何よりメリットとデメリットをよく理解したうえで購入しています。

皆さんもコスメを購入するときは、オーガニックやケミカルなどの外的な印象だけでなく、その成分に対して自分はアレルギーが無いか、使用感と価格は気に入っているかなどの総合的な評価で検討してみてください。消費者として賢く判断していけば、きっと良い商品にめぐりあえますよ。

ABOUT ME
Moya
アラフォー理系ママです。化粧品、美容医療、ダイエット、サプリメント、食、ファッション、旅、教育、その他お得情報etcを体験談やデータに基づき比較検証しながら日記形式で気楽につづっています。橋本病(甲状腺機能低下症)を持病に持ちながら、前向きに健康と美を追究しています。
PVアクセスランキング にほんブログ村