Moyadiary
リケジョママのゆるりとアンチエイジング。
健康・その他美容

アイスクリーム・アイスミルク・ラクトアイスお勧めは断然アイスクリーム

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスの違い

コンビニなどでバニラアイスなどを買おうとするとアイスクリームという表記のものはとても少ないです。大抵はラクトアイスかアイスミルクでしょう。最近は特にラクトアイスが増えてきたように感じます。私は基本ラクトアイスは食べません。その理由について今回はブログ記事にしていきたいと思います。

アイスの種類、それぞれどうちがうの?

アイスクリーム

私が一番好んで食べるのはアイスクリームです。乳固形分15%以上で乳脂肪分8%以上、乳固形分と乳脂肪分が最も多く含まれているので、カロリーは高いですが、風味がよく栄養的にも優れています。

アイスミルク

雪見大福などは確かアイスミルクだったと思います。乳固形分10%以上で乳脂肪分3%以上、乳固形分と乳脂肪分はアイスクリームに比べて少ないですが、牛乳と同じくらいの栄養を含みます。植物性脂肪が配合されていることもあります。

ラクトアイス

乳固形分3%以上 乳固形分はさらに少なく、植物性脂肪が多く使われています。最近の安くて大きいアイス系は殆どこれではないでしょうか?

アイスクリーム系以外のアイスは氷菓

一方、乳固形分3.0%未満のものは、アイスクリーム類とは言いません。食品衛生法にもとづく「食品、添加物等の規格基準」により、氷菓として規定されています。牛乳や果汁等を凍らせたアイスキャンディーやシャーベット、かき氷などは氷菓でアイスクリーム類とは別に扱われます。乳固形分は殆ど入っていません。有名なものにガリガリ君などがあります。

混乱する表記は禁止されている

消費者に商品を選択しやすくし、公正な競争を確保するため、「アイスクリーム類及び氷菓の表示に関する公正競争規約」が消費者庁と公正取引委員会の認定をうけ、業界の自主規約として定められています。この中には、アイスクリームには乳脂肪以外の食用油脂を添加してはならないこと、ラクトアイスまたは氷菓に「ミルク」若しくは「MILK」という商品名(例えばミルクセーキ、氷ミルク等)を使用してはならないこと等が定められています。

ラクトアイスには注意しよう!食べないのが正解

今まで話してきたアイス類の中でダントツで食べるべきでは無いのはラクトアイスです。ラクトアイスは乳脂肪分が極めて少なく、「牛乳がほぼ使われていない」と考えて問題ありません。その代わりに植物油脂が多く使われています。

アイスミルクに比べて、ラクトアイスは植物油脂が入っている量が多い傾向にあります。その為、アイスミルクよりも高い確率で、トランス脂肪酸が入っていると考えてよいでしょう。またラクトアイスは、乳製品が使われていないために、安定剤や乳化剤などの食品添加物が多く含まれています。

乳固形分には、安定剤や乳化剤としての効果があるため、アイスクリームには添加物の使用量が少ないです。しかし、反対にラクトアイスの場合は、乳固形分の量が少ないので、その役割を添加物に頼らざるえません。ラクトアイスはトランス脂肪酸の危険がある上、食品添加物の塊なのです。

以上のようにラクトアイスは味も見た目もアイスクリームに似ていますが、植物油脂と食品添加物が他のアイスの種類よりも多く使われています。よって百害あって一利なし!ズバリ食べるべきでは無い食品と言うことになります。

まとめ

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、氷菓など、アイスと言っても色々と種類があります。氷菓はすぐに見分けがつくのですが、ラクトアイスとアイスミルク、アイスクリームの区別がついていない人がたまにいます。

最も栄養価が優れナチュラルなものはアイスクリームで、最も食べるべきでない、添加物とトランス脂肪酸まみれなのがラクトアイスです。ラクトアイスは体に害しかないのですが、製造コストが安価な為に多く出回っています。

アイスクリームを食べるときは必ず裏の表記をチェックして、ラクトアイスをなるべく避けるようにすることが賢明です。

ABOUT ME
Moya
アラフォー理系ママです。化粧品、美容医療、ダイエット、サプリメント、食、ファッション、旅、教育、その他お得情報etcを体験談やデータに基づき比較検証しながら日記形式で気楽につづっています。橋本病(甲状腺機能低下症)を持病に持ちながら、前向きに健康と美を追究しています。
PVアクセスランキング にほんブログ村