Moyadiary
リケジョママのゆるりとアンチエイジング。
シミ治療・美肌対策・化粧品etc

日焼けによくない食べ物がある?光毒性のあるソラレンに気を付けて!

日焼けを加速してしまうソラレンという物質

先日、日焼け防止に効果的な抗酸化作用のある食品についてブログを書きました。今日は日焼けにとって逆に良くない成分であるソラレンや、その他よく無い食事について話をしていきたいと思います。今日の主役であるソラレンとは、いくつかの種類の野菜や果物に含まれる光毒性のある成分です。

何故ソラレンは日焼けに悪いの?光毒性とは?

太陽の光(紫外線)を浴びると害を出す成分を光毒性物質といいます。ソラレンには紫外線を吸収する作用があるため、ソラレンを含む化粧品を塗ったり、食べ物を食べたりしてから、紫外線を浴びてしまうと、肌に炎症をおこすことがあります。また、紫外線を吸収することでメラニンの生成を活性化させるため、日焼けの原因になるだけでなく、赤みやシミ・色素沈着を引き起こすこともあるのです。

ソラレンを多く含む食べ物は、朝などお出かけ前には食べずに、夜や紫外線を浴びない場所にいる際に食べることが紫外線対策の観点ではオススメです。

ソラレンを含む食べ物と化粧品について

ソラレンを多く含む食べ物

ソラレンを含む果物は、レモン、オレンジ、グレープフルーツ、みかん、いちじく、アセロラなどで、野菜では、きゅうり、セロリ、春菊、三つ葉、パセリなどです。

それほど種類が多いわけではないのですが、特に皮や葉に多く含まれる場合があるため、注意する必要があります。オレンジ、レモン、ライムなどの柑橘系フルーツでは、可食部にはソラレン類が殆ど無いか少量しか含まれていません。したがって、これらを食べることが光毒性をもたらすリスクは低いと考えられます。いちじくは、果実にはソラレン類がほとんど含まれていませんが、葉には多量のソラレン類が含まれています。

光毒性で、食べるのが怖い印象を与えたかもしれませんが、柑橘系の果物は皮を避ければ通常の食べ方ならそれほど心配はいりません。また、皮ごと食べる場合でも、夜に食べるなど食べ方さえ注意すれば、ビタミンCなどの栄養が豊富なので美肌のためにはメリットの方が多いと考えられます。また、野菜も基本的には栄養素から得られるメリットの方が多いので、それほど神経質にならず、朝より夜とるようにする、くらいの認識で大丈夫です。

ソラレンが含まれる化粧品はいつ使うのが良い?

肌に塗布したソラレンの光毒性は、その化粧品に含まれる対象成分の濃度にもよりますが、5時間~12時間ほどで消えていくといわれています。朝これから日光を浴びる可能性があるタイミングでソラレンが含まれる化粧品を使用することは好ましくありません。そういった化粧品は、夜に使用することをおすすめします。

化粧品を使う場合はどんな場合であれ、ナイトマスクなど、夜の使用を前提とされているものは必ず夜使うようにしましょう。ソラレン以外にもレチノールなど、紫外線に良くない成分が入っているものもあるので、注意が必要です。

ビタミンCを朝塗らない方が良いという都市伝説とソラレン

ビタミンCの入った化粧品は朝塗らない方が良い、と聞いたことはありませんか? ビタミンCが多く含まれているレモンなどの柑橘系のイメージと、柑橘系にはソラレンが入っているというイメージが合わさってそのような都市伝説が生まれたのです。

実際、市販されている化粧品に使われているビタミンC誘導体には、光毒性の原因となるソラレン(フロクマリン)が取り除かれており、光毒性の心配はほぼないと言えるでしょう。今ではビタミンC誘導体を有効成分としたUVクリームなども発売されていますし、ビタミンC誘導体には医薬部外品の有効成分として美白効果も認められています。

因みに美容系Youtuberである皮膚科医の友利新さんが動画で、ビタミンCを朝塗ってもよいことを強く強調されています。興味のある方は一度ご覧ください。

市販されてる主なビタミンC誘導体
・リン酸アスコルビル
・アスコルビン酸Na
・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na (APPS)
・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
・3-0-エチルアスコルビン酸など

ソラレン以外の美肌のために良くないもの

糖質過多

美肌のために良くないことの一つに糖質過多があります。糖質はからだの健康に必要ですが、摂りすぎるとたんぱく質と結びついて糖化の原因となります。

糖化は、紫外線によって促進してしまうと考えられているので、糖質を摂りすぎて紫外線を浴びると糖化が進み、くすみの中でも改善が難しい黄ぐすみの原因になってしまいます。

ジャンクフード

美肌のために取るべきでない食べ物の代表がジャンクフードです。ジャンクフードとは、栄養価のバランスを著しく欠いた調理済み食品であり、高カロリー、高塩分に加えて、ビタミンやミネラルや食物繊維があまり含まれていません。

ジャンクフードの取り過ぎは、紫外線ダメージで肌が酸化しやすくなります。日焼けに良い食品が抗酸化作用のある食品であったのと真逆のメカニズムで、肌の酸化を導く食品は美肌の大敵です。勿論、ジャンクフードは、紫外線対策以前に健康の為におすすめできません。

まとめ

いかがでしたか?世の中には抗酸化作用による日焼け防止作用があり、美肌のために欠かせない栄養素がある一方で、光毒性があるソラレンや、肌の糖化や酸化を導く肌に良くない食べ物もあります。

糖質過多やジャンクフードの取り過ぎはそのものが良くない食生活習慣なので即刻やめるべきですが、ソラレンが多く含まれる食材の殆どはその食材の栄養素から得られるメリットの方が多いので、食べる量や食べる時間帯を意識しながら摂取するようにしましょう。

食事で日焼け対策!日焼け止め効果のある、おすすめ抗酸化力栄養素食べる日焼け止め!日焼けに効果的な食べ物があるの? 柔らかな日差しの日々も増えてきました。しかしこういう日々でも、油断せずに外...
ABOUT ME
Moya
アラフォー理系ママです。化粧品、美容医療、ダイエット、サプリメント、食、ファッション、旅、教育、その他お得情報etcを体験談やデータに基づき比較検証しながら日記形式で気楽につづっています。橋本病(甲状腺機能低下症)を持病に持ちながら、前向きに健康と美を追究しています。
PVアクセスランキング にほんブログ村
error: Content is protected !!