Moyadiary
リケジョママのゆるりとアンチエイジング。
アメリカ生活

DCで英語 語学学校Kaplanに行った時の話 TOEIC&英検

ワシントンDCでGeorgetown Universityの夏季語学学校に行った時の話を以前しました。急に語学学校に行きだした理由が主人の会社が補助金を出してくれたからだということも書きましたが、私はこのGeorgetown Universityの夏季語学学校以外に行ったのは、語学学校のKaplanとDC郊外のBethesdaにあるプライベート英語塾のEnglish Now,日本でも有名な個別指導のBerlitzの計4つです。
それぞれ特徴が異なるので今回はKaplanについて書きたいと思います。
ワシントンDCにある語学学校のKaplanはメトロのレッドラインのデュポンサークル近くにありました。Kaplanはご存じの方も多いと思いますが世界中にある留学可能な語学学校です。学校として認められているために学生ビザで通うこともできます。Kaplanそのものに留学している人もいれば、大学に進学する足掛かりとして通っている人もいます。
雰囲気としては日本の予備校に近い感じだったと思います。まず入塾に関して簡単なテストがありました。クラス別けテスト後に行くべきクラスを言い渡されるのですが、受付の方にスコアがギリギリだったから難しかったらクラスを下げるから言ってね…と言われました。
スコアがぎりぎりなのかぁ…と、ちょっとしょぼくれてレベル表を見たら何と英検1級・TOEIC850~965位の人のクラスと書いています。。。そりゃギリギリに決まっているよね、と思わず笑ってしまいました。当時の自分の英語力は恐らくTOEICでいうとよくて800前後じゃないかと思われたので、きっといい意味でマークミスだろうと思い躊躇無くクラスを下げてもらおうと再び事務局に行きました。が、しかしその一つ下のクラス、英検準一級レベルのクラスは一番需要が多いのか満席で下がれないと言われてしまい仕方なくその難しいクラスに通う羽目になりました。
因みにもう一つ上のクラスがあってそこはTOEICだと965~990の人のクラスらしいです。語学学校に来てこのレベルの人は何を学ぶのだろう?と思ってしまいました。ここまできたら大学に直接行くべきですよね。。。
このクラスでとても印象的だったのはクラスメイトの7割が韓国人だったことです。全部で確か10人のクラスったのですが、韓国人7人日本人2人フランス人1人というメンバーでGerorgetown Universityのように楽しい雰囲気ではなく、皆さん勉学意識が高く予備校のような雰囲気でした。特に印象的だったのは皆敢えて自国民と話さないようにしていることでした。韓国人は敢えて日本人やフランス人に英語で話しかけていて韓国語を話さないように意識しているようでしたし、私以外の日本人の女性も私と日本語で話さないようにしているふうでした。皆英語を真剣に学ぶために語学留学していたり、大学入学準備の為に勉強したりしているので夏の思い出つくりに来ている人もいるような大学の夏季講習に比べて生徒がどん欲に勉学に励んでいるようでした。
正直のんきに参加していた私はKaplanで浮いていたかもしれません。語学学校を選ぶ際もある程度自分に合っているか否かのリサーチが必要だなと感じました。
ジョージタウン大学Georgetown Uni 夏の語学学校1私が夫の駐在でアメリカに住んでいた話は以前しましたが、最初の駐在先はワシントンDCでした。当時は上の子がまだ小さく、初の子連れ海外という...
ABOUT ME
Moya
アラフォー理系ママです。化粧品、美容医療、ダイエット、サプリメント、食、ファッション、旅、教育、その他お得情報etcを体験談やデータに基づき比較検証しながら日記形式で気楽につづっています。橋本病(甲状腺機能低下症)を持病に持ちながら、前向きに健康と美を追究しています。
PVアクセスランキング にほんブログ村