Moyadiary
リケジョママのゆるりとアンチエイジング。
クリニックコスメ

ヒトプラセンタジェル、プラセントレックスの使用感と使用方法、危険性は?

ヒトプラセンタジェルって知ってる?

個人輸入でしか買えないヒトプラセンタジェル

最近美白やシミ予防の目的で、ハイドロキノンやトレチノイン、トラネキサム酸をネットで個人輸入した話をブログで書きました。

記事の中でも書きましたが、私はもともと近所の皮膚科でメラフェード(ハイドロキノンとトレチノイン配合の医療用美白美容液)とトラネキサム酸(シミ予防医薬品)を処方してもらっていたのですが、その皮膚科が美容専門ではない皮膚科である為、コロナ禍で美容目的で皮膚科に行くのに気が引けてしまい、この時期だけ限定で医薬品の個人輸入をしてみようと考えたのです。

そんな時に、私がヒトプラセンタジェルに興味を持ったのですが、その理由は海外個人輸入サイトにおける、その異常なまでの口コミの高さでした。

プラセンタとは胎盤から抽出した成分のことで、ヒトプラセンタとは文字通り人間の胎盤から取れた成分になります。

ヒトプラセンタジェルの添付文書は?使用法について

口コミの良さが気になって、シミ予防目的で買ったトラネキサム酸と一緒に、ヒトプラセンタジェルを個人輸入してみたのですが、困ったことに添付文書や使用法の情報が口コミや体験ブログレベルでしか存在しませんでした。

一応外国のホームページなどもみて、国内外の情報に目を通したのですが、目立った副作用情報は無く、英語の添付文書をネットで探したのですが、以下の情報が得られたにとどまりました。以下翻訳兼要約です。

ヒトプラセンタジェルについて英語の注意書きの翻訳と要約

  • 使用する前に、現在の薬のリスト、市販の製品(ビタミン、ハーブサプリメントなど)、アレルギー、既存の病気、現在の健康状態(妊娠、今後の手術など)について医師に知らせて ください。
  • 健康状態によっては、薬の副作用の影響を受けやすくなる場合があるので、医師の指示に従って服用するか、製品インサートに印刷されている指示に従ってください。
  • 投与量は個人の症状によるので医者と相談してください。
  • 重要なカウンセリングポイントは、 口や目から服用しないこと、開いた傷、乾燥した、ひび割れた、炎症を起こした、または日焼けした皮膚にこの薬を使用する前に、医師に相談することです。
  • PlacentrexGelを塗布する前後に手を洗い、治療する皮膚領域をきれいにして乾かし、塗布した後は、すぐに治療部位を洗わないでください。
  • また、医師の指示がない限り、治療部位で他の製品を使用することは避けてください。
  • 過剰に塗布すると刺激が発生する場合があるので、より薄い層またはより少ない量から使用してください。

この注意喚起で注意した方が良いかな?と個人的に思ったのは、下から二つ目の、治療部位で他の製品を使用することは避けてください、と言う箇所です。

何故なら、口コミや個人ブログで、ハイドロキノンやトレチノインなどの医薬品レベルのクリームを重ね塗りしている人が多数見受けられたからです。

個人的に、刺激の弱い化粧品はまだ大丈夫と思うのですが、ハイドロキノンやトレチノインなど、医薬品レベルの強度のクリームは、併用などの使い方を使用者が勝手に決めない方が良いと思います。

因みに私は夜寝る前にヒトプラセンタジェルを塗る時は、念のため、個人輸入で買ったユークロマなどの医薬品レベルのハイドロキノンなどは重ねないようにしています。

プラセントレックスを使用してみた感想

効果は口コミ通り素晴らしい

私がヒトプラセンタジェルをここ半月ほど使用してみた感想ですが、使いやすいし、肌質が良くなった感じが確かにします。

臭いが気になるという書き込みが口コミサイトにいくつか見られたのですが、個人的にはどちらかと言うと好きなくらいで全く気になりませんでした。

とても塗った後の浸透がよく、しっかり塗ってもあっと言う間に肌になじみます。

多く買うと価格も安いですし、これだけ使いやすいなら普段使いしたいというのが個人的感想です。

副作用情報の少なさがネック

しかし、上記でも話したように、副作用情報がとても少ないのが気になります。

たいてい効果が高いものは副作用もしっかりと現れるものですが、本当に目立った副作用を探すことができませんでした。

逆に効果が高く副作用が低いなら、世界中の製薬会社がこぞって販売しそうなものですが、このインドの会社とその後発品しか目にしないのも不思議だなと思いました。

敢えて言うなら原材料がヒトプラセンタである為、倫理上のハードルが高く、製造できる会社が少ないのかもしれません。

私が探した限りでは日英ともに上記程度の注意喚起、使用説明?しか目にすることができなかったので、副作用に関して情報が少なく心配なのは確かです。

プラセントレックスの使用方法は?

私はどのように使用量を決めているか?

FTU(フィンガーチップユニット)を参考に塗っている

ヒトプラセンタジェルを塗る際、どの位の量を塗るべきか全く記載が無いので、私はFTU(フィンガーチップユニット)を参考に塗っています。

FTUは大人の人差し指の先から第一関節まで薬を乗せた量で、チューブタイプ(口径が5mm程度)の軟膏やクリームでは、1FTU=約0.5gに相当し、本来はステロイド外用薬を塗るときの目安を示したもので、広く外用薬(塗り薬)を塗る際の目安量として知られています。

1FTU(約0.5g)は、大人の手のひら2枚分の面積(体表面積の約2%)に塗るのに適した分量の目安で、塗る量が少し多いと感じるかもしれませんが、十分な量をしっかり塗ることで、通常塗り薬の期待する効果が得られやすくなります。(因みにローションタイプの場合は1円玉大が1FTUの目安です。)

ヒトプラセンタジェルにおける注意点

どのチューブでも1FTUが約0.5gになるわけではない点には注意が必要です。口径の小さい5gチューブでは0.2g程度、10gチューブでは0.3g程度となり、1FTU=約0.5gになるのは25~50gのチューブの場合です。

ここでヒトプラセンタジェルの口径を見てみると、ほぼ5mm口径のように見えるので、1FTUの法則に従ってよいのではないか?と感じました。

ですから私はこの基準に従って、約1FTUを朝晩2回塗るようにしています。

ヒトプラセンタジェルの危険性は?

プラセンタと感染症リスク、献血はできる?

感染症リスク

ヒトのプラセンタ(胎盤)からつくるということで、気になるのは感染症の部類ですが、それに関しては、薬品の箱にHIVなどの感染症検査は厳重に行っているので安全である、との記載があります。

しかし、これ等も個人輸入と言う観点から、何か問題があっても自己責任になってしまうという部分は、十分に理解して使用しなければいけません。

献血は出来るか?

通常注射でプラセンタを打っている人は献血ができないという決まりがありますが、ヒトプラセンタと献血に関する情報は私が探した限りでは見つけることができませんでした。

恐らくその理由は、プラセンタの注射を打ったら献血できないというのは日本独自の決まりであり、そもそもこのヒトプラセンタジェルは日本で認可されていないので、日本におけるルールが追いついていないのが現状だからでしょう。

恐らくですが、塗り薬ですし献血しても問題は特にないと思いますが、ルールがグレーである以上、現状では献血側から念のため断られる可能性が高いのではないかな?と思います。

基本的には自己責任

ヒトプラセンタジェルに関してはこのように、効果は高いですが、わからない部分も多く、個人輸入なので全てにおいて何か問題があったら自己責任になってしまうという部分は十分に理解して使用しなければいけません。

その点から私は個人的に使用感がすこぶる良いからと言って、すすんで友人に勧めたりはしていません。

私が結果的に購入に至った最大の理由は、ネットサーフをしていて、日本のクリニックでこのプラセントレックスを使っているクリニックを見つけたからです。

クリニックで使用しているところもあるのなら、ある程度は安全なのかな?と想像したためですが、それでもその判断含めて自己責任であることに違いはありません。

因みに私は連続使用の予定はなく、同じく連続使用が適切でないハイドロキノンなどと、重なることなく交互に使って行こうかなと思っています。

まとめ

今日はヒトプラセンタジェルである、プラセントレックスに関する使用感や感想、添付文書や副作用情報について話をしました。

副作用情報はとても少なく、情報が少ないので安全であるのか?それとも多くのメーカーが作っていないのは安全性に問題がある為か?倫理的に問題があるから作らないのか?入手コストの問題なのか?・・・などなど色々考えて調べたのですが、正確な答えは見つけることができませんでした。

今現在言えることは、調べた限りで重篤な副作用は出てこなかったことと、日本のクリニックで使用しているところもある事、使い方の注意点は上記、注意点のまとめに書かれているものくらいだだということです。

副作用情報や薬品そのものの情報がとても少なく、使用感の素晴らしいレビューばかりが目に付くヒトプラセンタジェルですが、使った使用感は高レビューが多いのも納得がいくという、文句のないものでした。

購入は全てを考慮したうえでの自己責任になりますので、個人的には人に勧めることは出来ませんが、私の使用感レビューと、調べた限りでの使用方法や注意点を今回ブログとして残してみましたので、是非参考にしていただければ幸いです。

メラフェードとゼオスキン シミ小じわ対策 美白にはハイドロトレチメラフェードという医療用美白コスメ メラフェードという美白コスメをご存じですか? シミや小じわを改善したい方や美白に興味のある方は東...
ユークロマプラス(ハイドロキノン)を個人輸入した感想や使用感と注意点ハイドロキノンとトレチノインを使った東大式 医療用の美白成分と言えばハイドロキノン! 医療用の塗り薬で美白効果が有るものの代表が...
ABOUT ME
Moya
アラフォー理系ママです。化粧品、美容医療、ダイエット、サプリメント、食、ファッション、旅、教育、その他お得情報etcを体験談やデータに基づき比較検証しながら日記形式で気楽につづっています。橋本病(甲状腺機能低下症)を持病に持ちながら、前向きに健康と美を追究しています。
PVアクセスランキング にほんブログ村
error: Content is protected !!