Moyadiary
リケジョママのゆるりとアンチエイジング。
エステ・運動・食事・ダイエット

筋肉痛が歳をとったら遅れてくる理由は?歳と筋肉痛は関係ないという説も!

筋肉痛で全身痛い!筋肉痛とはどのような状態?

私はここ数日ウォーキングを生活に取り入れているのですが、少しばかり無理をして歩くと、日頃鍛えていない為か?はたまた歳の為か?軽い筋肉痛の状態になってしまいます。

この筋肉痛とはどのようなメカニズムで発生するのでしょうか?よく言われる筋肉痛が遅れて来るのは歳をとった為なのでしょうか?

今日はこの筋肉痛について少し掘り下げて話をしていきたいと思います。

筋肉痛には二種類あるって知ってた?

筋肉痛には、運動している最中に発生する現発性筋肉痛と、運動の数時間~数日後に発生しその後しばらく続く遅発性筋肉痛の2つの種類があります。

現発性筋肉痛が発生するのは筋肉に乳酸が蓄積することが原因で筋肉が熱を持ち、焼け付くような痛みを感じますが、対して遅発性筋肉痛が発生するのは筋肉が引き伸ばされる伸張性収縮運動をしたことによる筋肉の損傷が原因で、その筋肉を動かした時に痛みを感じます。

一般的に「筋肉痛」と言うと、後者の遅発性筋肉痛を指します。

筋肉が壊れていることで痛みが出ているのか否かは、実は正確には分かっておらず、痛みについては筋肉に信号を送っている神経が関係するのではないか?筋肉や神経の損傷に関連する物質などが痛みを引き起こしているのではないか?など様々説があり、筋肉痛の原因としては、筋肉の損傷+筋肉を支配している神経系の関与があるのではと言われています。

筋肉痛の起きる原因

上述のように、筋肉痛は運動によって筋繊維が損傷することが一因なので、運動不足だと筋肉は疲労が溜りやすく、硬くなりやすくなり、硬くなった筋肉を無理に使おうとすると、筋肉痛が起きやすくなる上にケガもしやすくなってしまうのです。

よって年齢にかかわらず、日ごろから運動を続けることは、とても重要になってきます。

筋肉痛になりやすい運動種目は?

筋肉痛になりやすい運動種目は伸張性収縮という、階段を下りたり、重たいダンベルを持ってゆっくり持ち上げたり下ろしたりするなど、筋肉が引き伸ばされながら力を出すことで筋線維に大きな負荷がかかるタイプの運動です。

その様なスポーツの種目は多岐に及びますが、たとえば全力ダッシュすることやバーベルの上げ下ろし、下り坂のランニング走行のようなブレーキング動作も伸張性収縮になります。

筋肉痛は歳をとるほど遅れてくるってホント?

筋肉痛にタイムラグがある理由は正確には未解明

筋肉痛が出るのはだいたい1日後ぐらいからで、2〜3日後にピークになりますが、筋肉痛が直後ではなく、1日目以降ぐらいに出る理由には幾つかの説があり、正確には答えは出ていません。

しかし幾つかの説があり、中でも有力なのが以下二つになります。

歳と筋肉痛は関係ない!運動強度と修復速度が鍵という説

注目すべきは運動強度

筋肉痛が出るタイミングは、年齢ではなく 運動強度に関係しているという説があります。

全力ダッシュやダンベル運動など筋肉を「早く、強く」動かすことは、筋肉に大きな負荷がかかるので、損傷しやすくなり、早く筋肉痛が出てくる傾向にあります。

逆に、ゆったり泳ぐ水泳やウォーキングなど、筋肉を「遅く、弱く」動かすことは、筋肉に大きな負荷がかからないので損傷しにくく、比較的遅く筋肉痛が出てくる傾向にあります。

筋肉の修復速度が運動強度と関係する

この説では、筋肉痛が遅れて来たり早く来たりするのは、その運動強度と修復速度のバランスによるためだと言われています。

筋肉は運動による損傷が起こると、そこから修復が始まりますが、強度が高い運動をすれば、筋肉のダメージの蓄積が早く、修復のスピードが追いつかないため、筋肉痛が早く出やすくなると言うのです。

一方、強度が低い運動の場合は、筋肉のダメージの蓄積よりも、修復のスピードが上回り、そのため筋肉痛が遅く出てきやすくなるという理屈です。

年を取ると、全力疾走など筋肉を限界近くまで追い込むような運動はほぼしなくなるので、筋肉痛が遅く出るようになったと感じることが多くなるだけであり、老化と筋肉痛の遅延は直接は関係ないと言うのがこの説です。

筋肉だけではなく神経が関係しているという説

もうひとつの可能性として、筋肉痛発生までにタイムラグがあるのは、筋肉じゃなくて神経がそのもとになっているから遅く出るのではないかと言う説があります。

わかりやすく言うと、筋肉の損傷そのものが痛むのではなく、たとえば損傷によって発生した炎症物質などが神経を刺激して痛みとして伝わるまでに時間がかかるということです。

そう考えると老化によって代謝が悪くなっている方が、筋肉痛が遅く出てくる事に対して説明がつきます。

まとめ

いかがでしたか?

筋肉痛には現発性筋肉痛と遅発性筋肉痛の2つがあり、通常、筋肉痛と言われるものは後者の遅発性筋肉痛であること、筋肉痛のメカニズムは正確には解明されていないが、運動強度と修復速度や神経が関与しているという説があることをご理解いただけたかと思います。

筋肉痛が遅れて来ることは年齢と関係ないという説や少なからず関係するという説など様々ありますが、大切なことは老若男女問わず、常に適正な運動を続けていくことが、筋肉をしなやかに保ち、健康を維持するうえでこの上なく重要だということです。

皆さんも、少しづつでもよいので意識して生活に運動を取り入れていくよう、心掛けてみて下さい。

ABOUT ME
Moya
アラフォー理系ママです。化粧品、美容医療、ダイエット、サプリメント、食、ファッション、旅、教育、その他お得情報etcを体験談やデータに基づき比較検証しながら日記形式で気楽につづっています。橋本病(甲状腺機能低下症)を持病に持ちながら、前向きに健康と美を追究しています。
PVアクセスランキング にほんブログ村
error: Content is protected !!