Moyadiary
リケジョママのゆるりとアンチエイジング。
バックパッカーの記憶

女子が楽しく安全にバックパッカーをするために気を付けるべき7つの事

女子のバックパッカーは安全ではないと心得よ

ここ最近コロナで海外旅行に行ける機会がめっきり減ってしまいました。最近の大学生は海外旅行どころか街に出ることもできませんから本当に可哀そうだなと思います。

そんな若い子は勿論、アラサーアラフォーに至るまで、コロナが明けたらすぐにでも旅に出たいと思っている人は結構多いのではないでしょうか?

今日は30か国を旅した経験のある私が女子の一人旅で注意すべきことを話していきたいと思います。女子の一人旅は楽しさと出会いと危険のミックスされたスリリングなものです。若い頃だけの経験ですから勇気を持って旅に出てほしいですが、注意すべきことは最善の注意をして臨んでください。

日本人女子はモテる?イヤ、押しに弱いと舐められてるだけ

よく日本人女子は海外でモテるという話があります。それは正解であり不正解だと私は思っています。正解の部分は、日本人女性は優しいと思われていて、そういう優しい女性が好きという男性は世界中にいます。

イヤイヤ私は優しくないよ、俺の彼女はキツイよ…と反論する人もいるかもしれませんが、あらゆる国の女子とお喋りした経験のある私の感覚として、日本女性は間違いなく優しい部類に入ります。

優しいというのは別の表現をすると優柔不断、押しに弱いということです。ですから女性としてはたいして好みじゃないけど、やれそうだから口説くというメンズは何処の国にもいるのです。我々日本人女性は、優しさは失わず、一方で駄目なものはダメときっぱりと断れる女性でいなければいけません。

夜女子が一人で出歩ける日本という国が安全過ぎるだけ

日本は女子でも子供でも老人でも夜中にコンビニに行ける稀有な国です。これは日本が異常に平和で安全だからできるのであって、普通の国ではできないと心得ましょう。

旅に出た解放感からか?そんな当たり前のことも守れていない日本人を旅先ではたまに見かけます。

女子が安全に一人旅をする為に気を付けるべき7つの事

どんなに遅くとも当日の宿は当日の午前中までに確保する

平均的なバックパッカーの経験などない日本人は、宿の事前予約なんて当たり前でしょ?と思うかもしれませんが、バックパッカーはその日の宿はその日に予約するという人は結構多いのです。

基本的に目的が無く、宿で得た情報で次の旅先を決めるというスタンスの人も多いので前日はともかく1週間も2週間も先の宿を予約している人はかなり稀でしょう。それでも私は出来れば前日までには宿を決めておくことをお勧めします。何故ならどう探してもその日その街に宿が無いということが実際旅先で起こることがあるのです。

日本とは違って外国は移動が簡単にできないことも多々あります。もし宿が取れなければ大変なことになるのです。私も以前ブログに書きましたが、フィレンツェで当日の宿がその日の午後まで取れずにヒヤッとしたことがあります。

ネット環境を必ず確保する

今の時代はホテルの予約も交通機関の予約もネットで予約するのが常です。ここで重要なのは無料Wifiだけに頼らないこと。できれば旅先でレンタルSIMをかりて移動しましょう。

海外ではたまにスポット的にネット環境が悪い場所があるのです。自分でSIMをかりてネット環境を用意出来たらあらゆる意味で時間の節約になります。

初対面の人がくれた食べ物には気を付ける(酒はNG)

これも、あたりまえじゃん!と突っ込まれそうですが、毎年一定の割合でこの手の睡眠薬詐欺にあう人がいます。友達になったと思った人にクッキーを貰って食べたらそこに睡眠薬が入っていて身ぐるみ剥がれるとか、そういうやつです。

私もカンクンの宿で、その睡眠薬詐欺にあい車で連れていかれて金目の物全部取られて道路に放置されたという衝撃の体験をした日本人女子と出会ったことがあります。何よりも驚いたことはそんなに恐ろしい経験をしたはずなのに彼女は全く凝りているふうでなく、元気いっぱい旅を続けていたことです。

自分から喋りかけよう、喋りかけてくる人には注意!

外国で困って誰かに聞きたいことがあった時は絶対に自分から人を選んで話しかけましょう。決して、困ってるの~誰か助けて~という察して欲しい、困ってますオーラを出して、声かけられ待ちをしてはいけません。

どんな国でも自分で見て、安全そうだと思った人はほぼ安全でよい人です。時間が無いとか英語が喋れないとかで話を聞いてくれない人もたまにいますが、少なくとも普通の市民です。しかし、自分から喋りかけてくる人は何か目的があるのです。ただのナンパの場合もありますし、純粋に日本人と友達になりたいという場合もあります。しかし、喋りかけてくる人の中には一定数の詐欺師がいます。自分から喋りかけることで詐欺師に合うリスクを減らせるので、困った時は必ず人を選んで話しかけましょう。

私の経験では一気にまくし立てて喋ってくる人は基本ヤバいやつです。こっちに考えるすきを与えないように強引に捲し立てるのです。必ずハッキリと断ってその場を去りましょう。

日本ではそんなことはしない・・・と言ってOK

旅先で普通に仲良くなって、おそらく人間的にも問題の無い親切な男性がいたとします。問題の無い人でも、外国の男性は日本人男性に比べてかなり積極的で強引です。

日本人はついつい相手にあわせてしまい、手を触られたり肩を触られたりしても、その国の人にとっては当然のスキンシップなのかな?とスキンシップの境界がわからないまま受け入れてしまう傾向にあります。そういう時は必ず、日本ではそんなことはしない、とハッキリ言いましょう。大抵の外国人男性はあわてて手を放して、ごめんね、日本では失礼な事でもこの国では普通なんだよ、と言って一定の距離を取ってくれます。

スキンシップの境界線は自分から引く…ここが結構大切なポイントになります。

財布は3か所にわける、クレジットカードは2社以上持つ

これは男女関わらず大切なことですが、財布は一つにしてはいけません。できれば3か所に財布を分け、クレジットカードは2社以上持ってください。

実際私はハンガリーでその日一日VISAが使えないと言う日に出くわしたことがあります。日本では考えにくいことですが、海外ではたまにそういうことがおこるのです。

信用の出来る女友達とつかず離れずの旅をするのがベスト

一人旅なのに女友達と旅をするの?と思われるかもしれませんが、私の一番おすすめの旅は一人行動の出来るタイプの女友達と途中で合流したりしながら旅をすることです。

日本人女子は始終一緒に旅をしがちですが、全く行きたい場所が同じ人と言うのは稀ですので、必ず誰かが我慢をする旅になってしまいます。

ベストな旅のパートナーは一緒に行きたい場所は行くけど、興味の無い場所は互いに気にせず別行動が取れる人です。例えば私はヨーロッパを友人と旅したことがあるのですが、彼女はスイスとチェコに行きたかったのですが、私はオーストリアとチェコに行きたかったので、それぞれ勝手に旅をして朝食を食べるレストランだけ約束し、合流してチェコの街を一緒に旅しました。そのあと彼女はドイツに用事があったので途中で別れて私は数日プラハで一人旅を楽しみました。

このような旅の仕方をすると、一人では入り辛いレストランなどにも入ることができて一人旅と女子友旅の両方が味わえて旅の楽しみが倍増するのでおすすめです。

コロナが明けたら旅に出よう

今はコロナの真っただ中ですが、少しづつ少しづつワクチンも広まっていき、世界は元に戻ろうとしています。

今は我慢の時ですが、コロナが明けたら世界中の人が旅行に出かけるでしょう。沢山の人が活動的に動き出すコロナ後の未来、その時が来たら必ずまた再び旅に出かけたいものです。

陸マイラーのブログ情報 2021年クレカとポイント比較【ANA編】買い物マイルは海外旅行に行けるほど貯まらない 私は以前、バックパッカーをしていたことや海外に安く行く裏技について記事にしました。また毎...
ABOUT ME
Moya
アラフォー理系ママです。化粧品、美容医療、ダイエット、サプリメント、食、ファッション、旅、教育、その他お得情報etcを体験談やデータに基づき比較検証しながら日記形式で気楽につづっています。橋本病(甲状腺機能低下症)を持病に持ちながら、前向きに健康と美を追究しています。
PVアクセスランキング にほんブログ村
error: Content is protected !!