Moyadiary
リケジョママのゆるりとアンチエイジング。
シミ治療・美肌対策・化粧品etc

化粧水や美容液に入ってるセラミドやヒアルロン酸って何?サプリは効く?

潤い成分セラミドとヒアルロン酸の違いってわかる?

化粧水に入っているメジャーな保湿成分にセラミドとヒアルロン酸があります。何となく入っていると保湿されてるかな?と安心している人はいませんか?そもそも皆さんはセラミドとヒアルロン酸の違いがわかるでしょうか?

セラミドとヒアルロン酸は存在する場所が違う

セラミドとヒアルロン酸を比べてみて明らかに違うのはその存在する場所です。皮膚は表面から順番に表皮、真皮、皮下組織に分かれているのですが、セラミドは表皮、ヒアルロン酸は真皮に存在するのです。

セラミド

表皮の一番外側である角質層に存在するセラミドは、細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質のひとつです。細胞間脂質の役目は、水分を蓄えて肌を保湿するとともに、細胞間をすき間なく埋めることで外部からの刺激を防御することです。セラミドはこの細胞間脂質の約40~50%を占める重要な成分です。水分をサンドイッチのように強力にはさみ込んで保持する性質があり、数多くある保湿成分のなかではもっとも強力な水分保持力があります。

ヒアルロン酸

一方でヒアルロン酸は真皮に存在し、網状構造のコラーゲンやエラスチンのすき間を埋める、ムコ多糖類の一種です。粘性が高いゼリー状のヒアルロン酸は、1gあたり6リットルという高い保水力を持ち、肌の弾力やうるおいをキープする役目があります。また、肌以外に軟骨・目・脳・関節液などにも存在します。

セラミドやヒアルロン酸は加齢で減少する

肌のセラミドは20歳を過ぎると徐々に減り始め、20歳前後を100%とすると、40歳前後で約50%、70歳前後で約30%にまで激減します。

一方のヒアルロン酸は、40代中盤まではほぼ100%をキープし、40代後半になると一気に急降下して60歳前後で50%、70代中盤では20%を切るほどに減少します。どちらも減少することで、シワやたるみの原因になります。

セラミドやヒアルロン酸と化粧品

セラミド配合化粧品

セラミドは、化粧品の成分が浸透できる角質層にあるため、スキンケアによって補うことが可能です。化粧品に配合されているセラミドには、色んな種類のセラミドがあります。また、セラミドをそのまま配合しただけでは、角質層のごく表面にしか届かない場合もあります。そのため、セラミドをナノ化させるなど、角質層の隅々まで浸透しやすく配慮されたものを選ぶことが大切です。

【セラミドの種類】
天然セラミド・・動物の脳や脊髄から抽出
ヒト型セラミド(バイオセラミド)・・酵母を使い人間のセラミドに似せて生成
植物性セラミド・・こんにゃく芋や米ぬかから抽出
ミルクセラミド・・牛乳から抽出
合成セラミド(疑似セラミド)・・・石油から生成

ヒアルロン酸配合化粧品

ヒアルロン酸はとても分子が大きく、外部から入れようとしてもヒアルロン酸が存在する真皮まではもちろん、角質層にも浸透させることはできません。しかし、近年は様々な技術により、角質層内に浸透するよう分子を小さくしたものも登場しています。また、ヒアルロン酸は肌表面や角質層で水分を抱えこんで保持する役目もあり、これによって肌からの水分蒸発を防ぐ効果も期待できます。

化粧品原料として使用されるヒアルロン酸は、微生物や乳酸菌などからバイオ製法で人工的に作られているものと、にわとりの鶏冠(とさか)などから抽出されている動物性天然由来のものがあります。天然のものの方が総じて高価です。

【ヒアルロン酸の呼び名】
人工のヒアルロン酸・・・ヒアルロン酸K、ヒアルロン酸Na
天然由来のヒアルロン酸・・・ヒアルロン酸、ECM-E、HCP、ヒアロコラーゲン

セラミドとヒアルロン酸一つ選ぶならどっちの成分?

セラミド入りかヒアルロン酸入りかどちらかの成分一択だとしたら貴方はどちらを選びますか?もちろん肌質によって違いがありますが、保湿効果を優先させるとしたら私ならセラミド配合のものをおすすめします。

どちらの成分も保湿効果には優れていますが、水分保持力という点ではセラミドの方が高く優秀です。また貴方の年齢にもよりますが年齢ごとの失われている割合もヒアルロン酸は減少スタートが40歳前後なのに対し、セラミドは20代から減少をはじめます。存在する場所も表皮の角質層なので化粧水としての効果が高いと言えます。

サプリメントは?

経口摂取によるセラミドの効果は研究段階

経口摂取したセラミドが皮膚にどのような働きを及ぼすのかはまだ未解明のことが多く、今後の研究が待たれるところであります。

さまざまな研究のうちの1つとして、植物由来のセラミドを使用したサプリメントを毎日0.6g、4週間摂取した後、皮膚の水分蒸発量が減少し皮膚の保湿性が向上したという結果などが報告されています。しかし、症例数が少なく、エビデンスと言えるほどのものでは無い為、いまだ研究段階なのです。

経口摂取したヒアルロン酸に効果はあるのか?

また、経口摂取したヒアルロン酸についてですが、もともと食品に含まれているヒアルロン酸の分子量はとても大きいため、腸から吸収されにくかったのですが、最近はこの分子量の大きさをできるだけ小さくする技術が開発されたことによって、体内への吸収率が高い低分子ヒアルロン酸を使ったサプリメントやドリンクが出回るようになりました。

現在確認されているヒアルロン酸配合のサプリメントの効果としては、摂取前後で膝痛の軽減が認められた、皮膚の水分保持力が高まった、というケースが報告されています。しかし、日本整形外科学会はこれで効果があるとは結論付けれないが、効果が無いとも否定できないという見解をとっています。
サプリメントの効果について|公益社団法人 日本整形外科学会 (joa.or.jp)

まとめ

いかがでしたか?何となくお肌が潤う成分として身近なセラミドとヒアルロン酸ですが、肌のどこにあるか等、根本的な違いがわかっていただけたでしょうか?

セラミドもヒアルロン酸も最近ではナノ化した浸透しやすい化粧品などが多く販売されるようになってきました。しかし、どちらもサプリメントで取ることの効果は現段階では正式に医学的に証明されているとは言えません。

化粧品として使用する分には、技術の進歩により効果がはっきりと出やすくなったので、まずは化粧品として愛用していくことをお勧めします。

コラーゲンとエラスチンの違いを知ってる?美肌のために摂取は必要か?コラーゲンとエラスチン、美肌に大切な二つの構成成分 今日は美肌に大切な成分である、コラーゲンとエラスチンについて掘り下げて話を...
ABOUT ME
Moya
アラフォー理系ママです。化粧品、美容医療、ダイエット、サプリメント、食、ファッション、旅、教育、その他お得情報etcを体験談やデータに基づき比較検証しながら日記形式で気楽につづっています。橋本病(甲状腺機能低下症)を持病に持ちながら、前向きに健康と美を追究しています。
PVアクセスランキング にほんブログ村
error: Content is protected !!