Moyadiary
リケジョママのゆるりとアンチエイジング。
英語教育

子供と英語でAmong Usをしよう!ルールや日本語版についても

Among Usというゲームが全米でバズっている。

Among Usとはどんなゲーム?

皆さんAmong Usというゲームをご存じですか?今や全米どころか世界中で人気の宇宙船人狼ゲームAmong Usですが、2018年にリリースされてしばらく注目されていなかったものの、ゲーム系Youtuberの配信を皮切りにどんどん世界中に広まっていきました。

私はゲームをしない人なのですが、最近息子お気に入りのアメリカ人キッズYoutuber達がこぞってやっているのを見て、息子もやりたいと言いだし、それを横目で見ている日々です。

Among us のルール説明

簡単にルールを説明すると、用意された3ステージ内でクルー(乗組員)とインポスター(裏切り者)に分かれ、自分のチームを勝利させるのが目的のゲームです。4人から10人まで参加可能で、裏切り者は最大で3人まで設定可能です。

このゲームの基本的な流れとして「作業フェイズ」と「議論フェイズ」の2つに分かれています。作業フェイズはクルーは与えられたタスクをし、裏切り者はクルー殺害や妨害などそれぞれの仕事を行う時間です。作業中プレイヤーが死体を見つけて報告したり、緊急会議ボタンを押すことにより、ゲームは議論フェイズへと移行します。

議論フェイズでは、その名の通り全プレイヤー内で「誰がインポスター(裏切者)なのか」を話し合いながら追放するプレイヤー投票を行います。クルーはいかに怪しいプレイヤーを発見して告発するか、インポスターはいかに無実のクルーを被疑者に仕立て上げるかの駆け引きが重要となります。因みにこの議論フェイズでのみテキストチャットを使うことも可能です。

このゲームは2つのフェイズを繰り返しながら両陣営の勝利条件を達成するのが目的です。勝利条件はクルーであれば、タスクを全員がクリアすることやインポスターを議論で全員排除することであり、インポスターであれば、クルーを殺害してインポスター以下の人数にすることや一部の妨害行為などを完遂させることになります。

以上が大まかなゲームのルールになります。

推奨年齢は7歳以上

上記のルール説明でだいたいわかると思いますが、このゲームは裏切り者を推理しながらタスクを完了する、若しくは裏切り者側になっていかに相手を上手くだますか、の駆け引きを楽しむゲームになります。

醍醐味な部分は議論フェイズになるため、あまり年齢の低い子供には難しいかもしれません。推奨年齢は7歳以上で息子は7歳調度なので、ホントにこんなゲームができるのかしら?と半信半疑でしたが、子供というのはゲームにはまるとできるものなのですね!

今ではタイピングのスピードもとても速くなってしまいました。

日本でも実況ゲームから火種がついた

アメリカでの大流行の後すぐに日本でも有名ゲーム実況者や人気VTuberがプレイしたこともあり、Among Usは徐々に知名度がアップしてきました。少し前に公式で日本語への対応を発表し、12月16日に日本語のNintendo Switch版が配信されました。

Switchでプレイする場合は、マッチングする相手も日本人であることが大半なため、言語について気にする必要はありませんが、スマホ版とSteam版は日本語に対応していないため、プレーヤーは英語圏の方が多いようです。そのため、Among Usを公開ルームでプレイする場合、議論は当然英語になります。

ここで使うフレーズは、決まったものばかりなので少し英語ができればあっという間に覚えられます。タイピングが苦手な場合はボイスチャットを使うこともできます。よって日本でも若者を中心にプレイしている人も多いのではないでしょうか?

会話したり文章を読みながら進めるので英語学習になる

一生懸命英語でプレーヤーとコミュニケーションを取る息子

この宇宙船人狼ゲームであるAmong Usの醍醐味はやはり「議論」です。上記のルールでも説明したように、議論フェイズはその場面で生き残っている全員が集まり「誰が怪しいか」などの意見を交わしながら、「誰を追放するか」を決めてそれぞれが投票します。投票数が一番多いプレイヤーはその時点でゲームから追放され、そのプレイヤーがインポスターだったかどうかが表示されます。また、投票をしないことを選択する「投票スキップ」を選択することも可能です。

クルーにとっては唯一インポスターを排除する手段であり、インポスターにとってはクルーを削りながら疑心暗鬼を生じさせる格好のチャンスであり、それぞれの思惑が絡み合う最高に楽しいゲーム内イベントなのですが、英語の議論ができない場合は、発言ができずに終わってしまうこともあるかもしれません。

因みにウチの息子は負けじと、英語ネイティブYoutuberのゲーム配信を何度も見ながら、最適な議論用語を覚え、果敢に相手を論破しようとしています。

恐るべしゲームパワー!!!普通に英語の勉強をさせる何倍も英語学習になっているのは言うまでもありません。

英会話上達希望者はボイチャでプレイしよう(大人推奨)

息子は英語環境で育てたために英語の聞き取りや会話は年齢相当には可能です。しかし週一回の英語塾以外は勉強としてしっかり英語をしていないので、ネイティブの子供に比べて読み書きが心配でした。ですからAmong Usで頑張ってタイピングしながら議論しているのは彼にとってプラスであると考え、我が家ではボイチャでのプレイはさせていません。

しかし一方で、英語の読み書きは問題ないけれども英会話力の方が自信が無いという日本人は多いのではないでしょうか?私はそういう方にはボイチャでのプレイをお勧めします。会話になると性別や年齢がばれやすいので子供にやらせるのは怖いと思う方もいるでしょうから、個人的にボイチャでのプレイはある程度の年齢以上の方が良いのでは?と思います。

Among Usの議論フェイズはそこまで難しい英語力は必要ありません。最悪単語の羅列でも伝わりますし、皆で楽しくワイワイプレーできるうえに、相手の顔も見えませんから英会話特有の恥ずかしさも軽減されます。また特定のフレーズを繰り返したり、相手の上手なフレーズをまねたりして行くうちに会話フレーズを覚えていくことができるようになります。

まとめ

Among Usは毎回与えられるタスクが変わり、議論などをある程度任意のタイミングで発生させられるため、ゲームがワンパターンになりづらく、何度遊んでも違う展開が待ち受けています。

自分がどの立場でも、議論次第でゲームの展開を大きく変えられる可能性があるのも魅力的な部分です。また、サーバーごとにインポスターの人数やタスクの種類、表示演出など様々な設定可能のため、ゲームルールで個性を出すことも可能なゲームとなっています。

世界中の人々が英語で議論しながら進めていくゲーム、しかもその英語力は高くある必要が無く、簡単なフレーズを覚えながら始めることができます。子供も大人も楽しめ、英語の勉強にもなり、1ゲーム数分~数十分程度と長すぎないことも子供に勧めやすい一因でしょう。

興味を持った方は是非試しにプレイしてみてください。英語でコミュニケーションを取りながらプレイすることで英語を身近に感じられるキッカケになればよいなと思います。

ABOUT ME
Moya
アラフォー理系ママです。化粧品、美容医療、ダイエット、サプリメント、食、ファッション、旅、教育、その他お得情報etcを体験談やデータに基づき比較検証しながら日記形式で気楽につづっています。橋本病(甲状腺機能低下症)を持病に持ちながら、前向きに健康と美を追究しています。
PVアクセスランキング にほんブログ村
error: Content is protected !!