Moyadiary
リケジョママのゆるりとアンチエイジング。
食の安全

実は一番安全?日本の水道水を飲もう!塩素やトリハロメタンについても!

日本の水道水がいかに素晴らしいか理解しよう

先日、市販されている水の種類について詳しく分類する記事を書きました。その中でチラッと、私は水道水派だと書いたのですが、実際私は、外出時水筒を持ち歩いていない時に喉が渇いた…というシチュエーション以外は水を買うことはありません。今回はその理由について書いていこうと思います。

とても厳しい日本の水道水の安全基準

日本は世界でも水道水が綺麗で有名な国です。水道水は浄水場で作られ、国が定めた安全基準をクリアしたものだけが水道管を通って各家庭まで届いています。

この安全基準は、ヒ素、フッ素、ホウ素、亜鉛、マンガン等などについて、各々含有量が一定基準以下でなければいけないと定められています。

ミネラルウォーターの安全基準は水道水よりずっと緩い

同様にスーパーやコンビニで購入できるいわゆるミネラルウォーターにも安全基準があるのですが、この2つを比較した場合、ミネラルウォーターの方がはるかに基準がゆるいのです。

例えばフッ素は2.5倍、マンガンは4倍、ヒ素、ホウ素、亜鉛などは約5倍もの基準になっており、水道水の方がゆるい基準である項目は一つもありません。そのことからも、水道水の方が安全性が高いといえるのです。

水道水の水質基準項目はミネラルウォーターに比べ随分多い

日本の水道水は水道法に基づく水質検査により、51項目もの水質基準項目をクリアしていなければなりません。

一方、ミネラルウォーターは、水道水とは違って食品衛生法で管理されています。使用する原水を年に一度検査するようになっていて検査項目は18種類、水道水の検査と比べるとかなり少ないのです。

塩素やトリハロメタンについて

水道水が塩素臭かったのは昔の話

水道水には塩素が入っているが、ミネラルウォーターには入っていないことを気にしている方がたまにいますが、水道水に含まれる塩素は体に害があるものではなく、むしろ雑菌の繁殖などを防ぎ安全性を高めるためには必要不可欠なものです。

ペットボトルの水などはその塩素が含まれていないわけですから、開封後は早めに飲んでしまわないと雑菌が繁殖して水が傷んでしまうことがあります。

塩素に問題があるとすれば、味への影響ですが、塩素は空気に触れるとすぐに揮発しますので、コップなどに水を汲んで少し置いておくだけでもすぐ塩素は抜けてしまいます。昔、浄水の技術があまり良くなかった時代には、たしかに塩素臭いということがありました。

ですが現在は非常に浄水技術が進んでいるため、添加される塩素はあくまで各家庭の蛇口から出てくるときまで安全性を保つという程度のごく少量ですので味がするということはほぼありません。

トリハロメタンも最新技術でほぼ気にしなくてよくなった

浄水器などの宣伝を見ると、必ずと言って良いほど水道水には発ガン性物質トリハロメタンが含まれる…という主張が見られます。実際昔は上下水の処理技術が未熟だったため、水道水にトリハロメタンが多く含まれていました。原水が汚染されている上に、浄水技術が未熟で大量の塩素を添加した場合には、トリハロメタンが多く生成されるからです。

ですが現在はオゾン滅菌などの技術を備えた高度浄水設備の導入で、トリハロメタンは相当低減しました。完全にゼロではありませんが、体に害があるような量が含まれているということは全くありません。

また、そのほんの少量含まれるトリハロメタンを本気で全部取り去ろうと思ったら、逆浸透膜の浄水器などでなければ不可能です。市販されている浄水器で「トリハロメタン除去」などと書いてあるものは、ほぼ気休め程度にしかならないということです。

世界196か国で水道水が飲める国は15か国!

世界広しと言えども水道水が飲める国はとても少ないです。その数少ない国の中に日本も入ります。実は日本の水道水は、世界一とも言われるほどきれいな水です。

日本の水道水の水質基準は、1957年に施行された「水道法」によって定められていますが、ここで掲げられた目的は、「水道水を生涯飲み続けても人体の健康に全く悪影響がないこと」です。日本はこのたったひとつの目的のために、60年以上前から厳しい基準を整備してきています。

私は毎日家事をしながらいくつかの教育系Youtuberの番組を聞く習慣があるのですが、以前、勝間和代さんが水道水を飲もうという趣旨の動画を上げていて、私の考えとほぼ一緒だったので嬉しくなりました。勝間さんの動画はとても簡潔に短くつくられているので、良かったら聞いてみてください。

まとめ

日本の水道水は世界でも最も綺麗な水として知られています。世界196か国の中で水が飲める国はそもそも15か国しかないのです。

日本の水道水の安全基準はミネラルウォーターのそれに比べて随分厳しく、そのことからも寧ろ水道水の方が安全であると言えます。

勿論特別な天然水に付加価値を付けることに反対はしません。私も手持ちの水筒が無い外出先ではよく購入します。しかし水道水が体に悪いと信じて全ての水を購入するのは、この日本という国に住んでおきながら大変ばかげたことです。

以前書いた下記の記事にも記しましたが、購入した水の中には水道水にミネラルを添加しただけで(法的に問題なく)ミネラルウォーターと記載されている物も存在します。上記の勝間和代さんの動画の中でも言われていますが、購入した水の単価は水道水の800倍と言われています。水を購入している方はそのことも十分考えて理解したうえで購入するのであれば問題は無いのですが、ただ何となく購入している方はいま一度考え直してみることをお勧めします。

ミネラルウォーターの細かな分類を知ってる?天然じゃ無い水もある!?ミネラルウォーターと天然水の違い 皆さんはミネラルウォーターと天然水の違いを知っていますか?その違いは加工の程度にあります。特定の水源...
ABOUT ME
Moya
アラフォー理系ママです。化粧品、美容医療、ダイエット、サプリメント、食、ファッション、旅、教育、その他お得情報etcを体験談やデータに基づき比較検証しながら日記形式で気楽につづっています。橋本病(甲状腺機能低下症)を持病に持ちながら、前向きに健康と美を追究しています。
PVアクセスランキング にほんブログ村
error: Content is protected !!