Moyadiary
リケジョママのゆるりとアンチエイジング。
化粧品・コスメ

デイクリームを夜につけちゃダメ?ナイトクリームとの違いと使い方

デイクリームとナイトクリーム、逆につけたらダメ?

先日友人が気に入っているデイクリームがあって、ずっとつけていたいから夜もナイトクリーム代わりにしているという話をしていました。

しかし、果たしてデイクリームをナイトクリーム代わりに使うことは出来るのでしょうか?答えはNOで、実はデイクリームとナイトクリームは、それぞれの役割が異なり、適切に使うことでより肌にあったスキンケアができると言われています。今回は、デイクリームとナイトクリームの違いや選び方について話をしていきたいと思います。

そもそもデイクリームとナイトクリームの違いとは?

デイクリームとナイトクリームは、当然ですが役割に違いがあります。実はデイクリームやナイトクリームと表記がなくても、入っている成分や油分の違い、目的で判断して、朝用と夜用で使い分けることも出来たりします。要は目的と成分を確認する必要性があるのです。

デイクリームに主に配合されている成分

デイクリームは、日中に受ける様々なダメージから肌を守る必要があるため、例えば、肌の負担になることもあるUVカットの成分などが配合されていることが多いです。また化粧との相性も大切なのでメイク崩れをしにくい成分配合になっていたりします。

ナイトクリームに主に配合されている成分

一方で、ナイトクリームは、美容面ではよい成分ではあるものの、日中につけると紫外線の影響を受けやすい成分などが配合されていることがあります。そのため、頑張ってスキンケアをしていても使い方を朝夜逆に間違って使うと、肌にダメージを与えてしまう場合もあることを覚えておきましょう。

デイクリームにはどんな役割がある?使い方を解説

デイクリームには、メイクやその他汚れ、乾燥や大気汚染、紫外線などのストレスから肌を守る役割があります。そのため、肌を刺激から保護し、うるおいを与えるように作られています。

デイクリームは基本的に、朝のメイク前に使用するため、メイク崩れなどを引き起こすような油分が多く入っているもよりは、軽いテクスチャーのものや、べたつかないものがおすすめです。

デイクリームに良く配合されていてかつ人気の成分は、肌がストレスを受けることで増える活性酸素を抑制するビタミンCなどの抗酸化成分が配合されているものや、UVカット効果のあるもの、下地効果があるメイクのりが良いものなどがあげられます。

ナイトクリームにはどんな役割がある?使い方を解説

ナイトクリームは、日中に受けたダメージを修復したり、肌の保湿や栄養補給をするという大切な役割があります。大抵の場合は、メイク落としと洗顔の後、夜のスキンケアの最後に使われます。ナイトクリームは、寝ている間にゆっくりと肌に働きかけてくれるものがほとんどのため、デイクリームに比べると油分や栄養が多めに含まれ、テクスチャーが重めなものが多いと言われています。

人によっては皮脂が多い人などは塗り過ぎがニキビなど、かえって肌トラブルになったりすることもあるので注意しましょう。ナイトクリームは年齢別や肌質別、30代、40代、50代、乾燥肌、オイリー肌、くすみ、シワなど、自分の悩みに合わせて選ぶことがおすすめです。最近では、日中に受けた紫外線ダメージをケアするための美白成分や、肌のハリやキメを整えるアンチエイジング成分が配合されたナイトクリームが人気です。

また、グリコール酸やレチノールが配合された、肌のターンオーバーを促す働きがあるナイトクリームは、30代以降、肌のターンオーバーが遅くなった肌におすすめです。これらの成分は、ターンオーバーを促すことで肌が敏感になるといわれ、日中には使わないように指定されているものがほとんどなので注意しましょう。

デイクリームとナイトクリーム、どうやって選ぶ?

デイクリームやナイトクリームを選ぶときは、まずは成分を確認することが大切です。またデイクリームに関しては、メイクとの相性も大切です。

デイクリームに必要な効果は?

  • 何よりも大切なのはUVカット効果
  • メイクとの相性が大切!化粧下地効果
  • 抗酸化成分がはいっている!活性酸素抑制効果

おすすめのデイクリーム成分

  • 抗酸化成分・・・ビタミンC誘導体、アスタキサンチン、アルファリポ酸
  • 肌のバリア機能サポート・・・セラミド、アミノ酸、ビタミンE

ナイトクリームに必要な効果は?

  • 何より高い保湿効果
  • 肌のお悩み、目的別の+αの効果
  • 肌のターンオーバーを促す効果

おすすめのナイトクリーム成分

  • 保湿成分・・・セラミド、ヒアルロン酸、アミノ酸、コラーゲン、ペプチド類
  • 美白成分・・・ビタミンC誘導体、コウジ酸、ハイドロキノン、トラネキサム酸
  • アンチエイジング成分・・・ナイアシンアミド、DMAE、CoQ10、コラーゲン
  • 肌のターンオーバー促進成分・・・グリコール酸、フルーツ酸、レチノール

まとめ

いかがでしたか?デイクリームとナイトクリームは、それぞれの役割や使い方が異なること、勝手に朝夜逆に使ってはいけないことがわかっていただけたかと思います。

朝夜生活サイクルに合わせたスキンケアを取り入れることで、より効率よくお肌のケアをすることが出来るので、使い方は是非守っていただきたいと思います。

デイクリームとナイトクリームは、使い方を間違うと逆に肌ダメージにつながることもあるため、しっかりと使い方や成分の特徴を知ったうえで、上手に活用しましょう。

ABOUT ME
Moya
アラフォー理系ママです。化粧品、美容医療、ダイエット、サプリメント、食、ファッション、旅、教育、その他お得情報etcを体験談やデータに基づき比較検証しながら日記形式で気楽につづっています。橋本病(甲状腺機能低下症)を持病に持ちながら、前向きに健康と美を追究しています。
PVアクセスランキング にほんブログ村
error: Content is protected !!