Moyadiary
リケジョママのゆるりとアンチエイジング。
アメリカ生活

アメリカに売って無い物、日本の方が安い物、同価格帯でも性能がいい物

アメリカに殆ど売っていないものと言えば

今日は、アメリカに住んでいた時、日本で買ったら安いなぁとか、日本の方が性能がいいのにな、とかアメリカには殆ど売っていないな・・・と感じたものを思い出しながら記事にしていきたいと思います。これからアメリカに住む予定がある人。向こうに住んでいる日本人の友達や親せきに日本から何か送りたい人は是非参考にしてくれたらと思います。

除菌ティッシュ・おてふき

私が住んでいた当時これがほぼ見つからずに困った記憶があります。今はコロナ禍なのでアメリカでも除菌ティッシュなどは見つかるのかもしれませんが、基本的にアメリカはサニタイザー文化であり、日本のように食前にお手拭きで手をふく文化も無い為、小さな子連れのお母さんなどは日本製の除菌ティッシュを常に持ち歩いていました。

ではアメリカ人のお母さんは何で子供の口や手をふいているの?と疑問に思うかもしれません。私の記憶ではほぼ、おしりふきで拭いていた気がします。おしりふき???と初めはビックリしましたが、向こうではおしりふきのことをBaby wipeといい、赤ちゃんの体全部をふくもの、という認識なので全く変では無いのです。しかしやはり日本人的にはおしりふきは大きすぎるし、コンパクトな除菌ティッシュが便利だったりします。

5つ指ソックス

いかにも無さそうでやっぱり無いのが5つ指ソックスです。履いていたらビックリされること請け合いです。最近では指ぬきのヨガソックスなるものはたまに見かけますが、日本で買うより相当高いので、5つ指ソックスや指ぬきソックス&指ぬき手袋などが欲しい人は日本で買っていった方が無難かもしれません。

ラーメンの生めん(かんすいが無い)

アメリカでラーメンを食べようとした時、どこにも生麵が売っていないことに気づきます。売っていても食感が日本のそれとは違い弾力が無いのです。その原因がラーメンの麺に含まれている「かんすい」です。アメリカではかんすいが添加物として認可されていない為、手作りラーメンを作る時、麵にこだわりがあるなら日本から取り寄せなければいけません。近所の日本人経営のラーメン屋さんはいつも麺を札幌から空輸されていました。それを考えるとアメリカで食べるラーメンが高価なのもいたしかた無いかなと思えます。

大人も使える可愛いキャラグッズ

アメリカには日本のサンリオの様な可愛いキャラグッズがとても少ないです。特に大人の人が持つようなものは見当たりません。娘の幼稚園の先生に、娘が持っているあの可愛いお弁当箱やスプーンや巾着袋は何処で買うのか?と真剣に聞かれたことがあります。アメリカの人から見てもとても可愛いのでしょうね。

日本で買う方が安い物と言えば

本・漫画本

アメリカの本は基本的に高価です。紙の質も日本ほどよくありません。日本の様な古本文化も無いので、今では本は日々デジタル化していっているのではないでしょうか?本の中でも特に日本の漫画を翻訳したものも沢山見かけるのですが、価格は日本の倍くらいします。

日本のブランドの服

これは逆も同じでアメリカの服はアメリカが安いように、日本のブランドの服は日本の方が安いです。とはいえ、日本のブランドの服でよく目にするものと言えばユニクロや無印良品くらいです。

外食

これはアメリカだけではなくヨーロッパの人も同意見だと思いますが、日本は外食がとても安いです。安くて質がよくてサービスが良いです。チップもかからないし最高ですね。

日本で買う方が断然性能が良く安いものと言えば

文房具やノート

日本よりクオリティの高い文房具を売っている国を私は見たことがありません。もうハッキリ言って日本の文房具は凄すぎます。モノづくりの結集というか、使いやすさのレベルが違います。貴方が海外に留学予定なら、留学期間中の文房具はすべて日本でそろえていくことをお勧めします。

ストッキング

アメリカ人は殆どストッキングをはきません。冬場に少し履くくらいでしょうか?それもそのはず、アメリカのストッキングは分厚くてすぐ破れるし価格も高いのです。だからなのかアメリカの女性は圧倒的に生足率が高い気がします。

生理用ナプキン(タンポン)

言わせてください、特にタンポンが酷いです。大きすぎるし質も悪い。ナプキンも日本のように薄くて質の良いものは少なく価格も高いです。紙やパルプ系は全般的に質が悪くて高い気がします。

グミ・駄菓子

アメリカはグミの本場のように思っている人も多いかもしれませんが、日本ほどたくさんのグミの種類はありません。駄菓子もしかりです。そもそも日本の駄菓子のように少量のお菓子をチョコチョコ食べるという文化が無い為、1ドル以下で買えるサイズのお菓子が皆無なのです。うまい棒なんて信じられない安さだと思います。

歯ブラシ(でかくて質が悪くて高い)

アメリカの歯ブラシは大きくて質が悪いです。アメリカ人は口腔ケアがお好きなはずですが、日本人よりやはりお口が大きいのかもしれません。歯ブラシの価格も日本よりだいぶ高いと思います。

まとめ

いかがでしたか?こうしてまとめてみると意外とたくさんあるなあと驚きます。勿論逆も沢山あって日本よりアメリカの方が安いものもいっぱいあります。

特に文房具や可愛いキャラグッズ、小さな美味しいお菓子などは珍しいので日本からのお土産として持って行った時、とても喜ばれます。

早くコロナがおさまって自由に外国と行き来できる日が来るのが待ち遠しいですね。その時のお土産には是非この記事を参考にしていただければ幸いです。

ABOUT ME
Moya
アラフォー理系ママです。化粧品、美容医療、ダイエット、サプリメント、食、ファッション、旅、教育、その他お得情報etcを体験談やデータに基づき比較検証しながら日記形式で気楽につづっています。橋本病(甲状腺機能低下症)を持病に持ちながら、前向きに健康と美を追究しています。
PVアクセスランキング にほんブログ村
error: Content is protected !!