Moyadiary
リケジョママのゆるりとアンチエイジング。
エステ・運動・食事・ダイエット

16時間断食ダイエットをやってみた・方法と効果をブログで検証します。

16時間ダイエットとは

16時間ダイエットとは16時間のファスティック、すなわちプチ断食のことです。

別名16:8時間ダイエットといい、何も食べない時間を16時間、普通に自由に食事をしてよい時間を8時間として行う一日完結型のダイエット法です。

今までよく知られているカロリー制限や糖質制限、などと違い食事内容を全く気にせずに行える新しいタイプのダイエット法で、16時間の空腹時間は水とナッツだけ適宜食べてよいとされています。

16時間ダイエットは全ての人におすすめ

人気の糖質制限ダイエットなどは、以前私もやってみたことがあるのですが、個人個人で向き不向きがあったりします。

以前記事にも書きましたが、私は糖質制限ダイエットを決行して後、遺伝子検査で糖質制限が向かない体質であることがわかりました。糖質制限ではなく脂質制限の方が痩せやすい体だったのです。

しかしこの16時間ダイエットは食事制限等は一切なく、食べる時間のみを気にすればよいタイプのダイエットなので糖質ダイエット向きの人も脂質ダイエット向きの人も、自分のタイプを気にせずに取り組めることから万人におすすめのダイエット法であることがわかります。

遺伝子検査を行ってからダイエットすべきだったこと。 糖質制限ダイエット、完全無欠コーヒーダイエット、どちらもそこそこ良いところはありました。前者は歯槽膿漏が完治したこと。後者は朝の仕事...

全ての人におすすめの理由

体質に関係なく出来る。

前述のように、糖質ダイエット向きの人も脂質ダイエット向きの人も関係なく、時間管理のみで行えるため個人の体質に関係なく全ての人におこなえます。

※成長期の子供や妊婦などはエネルギー不足になる可能性もある為、ダイエットそのものがお勧めできません。

スーパー糖質制限をやった結果 痩せる痩せない向き不向きについてスーパー糖質制限にチャレンジした経緯 様々なダイエットにチャレンジしてきた ヴァンキッシュやキャビテーションなどエステやクリニックの...

日常生活リズムや人付き合いに影響しない

糖質制限ダイエットなどは糖質が食べれないので、ちょっと友達と食事会などの時に周りに迷惑をかけてしまいます。カロリー制限ダイエットも同じで、食べるカロリーが制限されるため、周囲に気を使わせる結果となります。

しかしながら16時間ダイエットは時間調整のみですむのでほとんど誰にも迷惑をかけることなく気長に続けることができるのが大きなメリットです。

慣れると頭がさえてお金もたまり手間も減る

また食べる時間を減らすことで空腹に体が慣れていき、頭がさえていきます。加えて、8時間という狭い時間しか食べ物を口にできないので、無駄な食事代が減り、自然とお金がたまっていきます。また食事を作る手間や外食の手間が減るので時間にも余裕が生まれ副産物的なメリットも多くみられます。

16時間ダイエットのメカニズムと効果

ダイエット効果

16時間ダイエットは食べれる時間が8時間と限られているため、自然と無駄なながら食べがなくなりダイエット効果につながります。

また空腹時間が10時間過ぎたころから人の体は脂肪を分解してエネルギーにかえようとしだすので16時間ダイエットを続けていくことで無駄に蓄えられた脂肪を少しづつ消費していくことができるようになります。

オートファジーによる疲労回復効果

16時間ダイエットが注目されている別の理由に疲労回復などの副次的効果があげられます。

通常空腹時間が少ない人は常に胃腸が動いているので体内が慢性的に炎症を起こしており、16時間の断食期間を作ると胃腸が休まることで慢性炎症を緩和することができます。

また空腹時間が長くなるとオートファジーと呼ばれる細胞のリサイクルが行われ古くなった細胞を修復し、新しくします。このオートファジー効果で若返り効果と活力が湧いてくる身体へと変化していきます。

ホルモンによるアンチエイジング効果

食事をしない時間が12~16時間続くと、身体からは若返りホルモンと呼ばれるグレリン(成長ホルモン)が分泌され代謝を高めたり、筋肉量を増やしたり、脂肪の分解を促進させるなどの身体の変化が起こります。

また、脳や血管、肌など、身体中の器官を若く保つ働きをするサーチュイン遺伝子が活性化することがわかっています。このサーチュイン遺伝子とは若返りホルモンと呼ばれています。

このように意図的に空腹時間を作ることで脂肪燃焼や若返りの効果を期待できるのです。

とりあえず一週間やってみた結果

私はとりあえず、この16時間ダイエットを結果がしっかりと出なくとも最低2か月は続けようと思い、先週スタートさせました。

結果は1週間でちょうど1㎏減りました。まだ1㎏なので生理やむくみなどで増減する範囲の重さではあるのですが、手ごたえを感じることができたので今回記事にしました。

基本的には朝食を抜き、10時ころ小腹がすいたらナッツを少し食べる程度で難なく続けていくことができています。昼や夕食は普通にとっているので家族にも迷惑がかからず、友達とランチにも行けるのでとても快適です。

まとめ

16時間ダイエットは16時間だけ何も食べずに8時間だけで食事をするというダイエット方法です。何を食べてもよく食事そのものに全く制限が無いのでとてもやりやすいダイエットになります。

10時間以上の空腹で脂肪が分解され、12時間から16時間と空腹が続くにつれ、成長ホルモン(グレリン)の関係で若返り効果が期待されたり、オートファジーによる疲労回復効果がみられたりします。

一番簡単なやり方はおそらく朝を抜く、若しくは夕方の5時~6時くらいに夕食を食べて朝の9時~10時に朝食を食べるというやり方だと思います。16時間の断食時間中も水とナッツは食べてよいので、私は朝食をナッツにする形で12時にランチをしてから夜8時までに夕飯を食べ終えるという、ほぼ普段通りの生活を送っています。

正直このダイエットは楽すぎて本当に痩せるのか疑問でしたが不思議と少しやせていたのでこのまま続けようと思っています。また次回頃合いを見て経過観察のブログを上げていきたいと思っています。

ABOUT ME
Moya
アラフォー理系ママです。化粧品、美容医療、ダイエット、サプリメント、食、ファッション、旅、教育、その他お得情報etcを体験談やデータに基づき比較検証しながら日記形式で気楽につづっています。橋本病(甲状腺機能低下症)を持病に持ちながら、前向きに健康と美を追究しています。
PVアクセスランキング にほんブログ村