Moyadiary
リケジョママのゆるりとアンチエイジング。
その他教育

競技人口と年収を考慮に入れてコスパの良い五輪競技を勝手に考察してみた

競技人口と年収からコスパの良いオリンピック競技は?

競技人口が少なく、五輪代表になる為の穴場は近代五種

近代五種とは?

近代五種はオリンピックの創立者、クーベルタン男爵が提案し、始まったという由緒正しき競技で、五種の中に射撃競技が含まれるため、銃規制の厳しい日本では、スポーツとして始めるにはかなりハードルが高くなり、そのため競技人口がとても少ない競技です。

近代五種のルール

①フェンシング…エペ(剣の一種)による1分間一本勝負の総当たり戦。
②水泳…200メートル自由形。2分30秒を250点とし、0.33秒1点で得点が増減。
③馬術…くじ引きで選んだ馬に騎乗し、障害飛越競技を行う。300点満点からの減点方式。
④⑤コンバインド(射撃・ランニング)
13分20秒を500点とし、フェンシング・水泳・馬術の3種目の合計点を1点=1秒として、上位選手からタイム差でスタート。射撃は、制限時間50秒以内に5回命中させ、その後、即座にランを800×4回行う。ゴールした順番が最終順位となる。

このように、日本では規制の厳しい射撃やお金のかかる馬術、練習場所の少ないフェンシングなどが競技に含まれるため、競技人口が少なくなるのは納得な気がします。

総合的にコスパ最強なのはスケートボード

今回日本勢が金メダル二つと驚異的に強かったスケートボードですが、実は色んな意味で、かなり穴場のスポーツになります。スケボーはもうヤンチャな子供の遊びではありません。子供にやらせるならコスパ最強で、世界のアスリートを目指せる競技なのです。

競技人口が少ない

日本スケートボード協会によると、日本におけるスケートボードの競技人口として大会に出るようなアマチュアレベルの選手は約3000人、プロレベルは80人ほどだそうです。

初期費用が少ない

スケートボードは物にもよりますが、普通に5000円位から購入できます。子供のクリスマスプレゼントや誕生日プレゼントにピッタリの価格です。あとは公園で練習できるという、初期費用を考えるととてつもなくお手軽に始められるのが特徴です。

年収が高い(広告費含む)

今回の東京五輪で金メダルを獲得した堀米優斗さんの年収は10~20億くらいではないかと言われています。その内訳は、大会での獲得賞金、スポンサー料、シグネチャーモデル(特定の著名人を冠した製品)の印税、ビデオ出演時の印税、CMや雑誌の主演料などなど多岐にわたります。基本的にスケボートップ選手の年収は10億は珍しくないそうです。やはりNIKEなどの大手を含めスポンサーが多いのが強いのでしょうね。

五輪競技の競技人口

競技人口の多いものをみていくと

世界の競技人口を見ていくと意外な順番だったりします。この順番は資料によって違って、特に卓球なんかは殆ど中国のデータなんで結構盛ってる感じもしますが、クリケットがこんなに競技人口が多いのは意外な気がしました。

1位バレーボール   5億人
2位バスケットボール 4.5億人
3位卓球       3億人強(中国で盛ん)
4位クリケット    3億人(インドで盛ん)
5位サッカー     2.6億人

※因みにテニスは1.1億人でゴルフは6500万人野球は3500万人ほどです。

競技人口の少ない近代五種、一体どの位少ない?

一方で競技人口が徹底的に少ないのが近代五種です。特に日本では銃の規制問題やお金のかかる馬術やフェンシングなどのマイナー競技を含むせいもあって、驚くほど競技人口が少ないのが特徴です。

近代五種の競技人口は、世界で約14,000人、そして、日本の競技人口はなんと男子25人、女子6人の計31人だそうです。
【参考】近代五種|歴史とルールを徹底解説! (halftime-media.com)

五輪競技の年収の高いスポーツは?

年収の高いオリンピック競技

フォーブスのスポーツ長者ランキングTOP100によると、オリンピック競技の中で、選手の年収の高いスポーツは、サッカー、バスケ、テニス、ゴルフ、野球などになります。2021年で88位の錦織選手でも29億円と言いますからケタ違いですよね。

広告収入という付加価値がある種目が高年収!

ここで収入と言うと年棒や獲得賞金のことかな?と思いがちですが、アスリートの年収において何より重要なのは広告収入やスポンサー契約があるか否かでしょう。

例えばゴルフや野球などは日本では競技人口がとても多いですが、世界的には中レベルです。しかし年収はトップレベルなのを考えれば、獲得賞金に加えてこういったスポンサー契約や広告収入が上乗せされるためでしょう。

結局どのスポーツをするのがお勧め?

個人的見解ですが、スケートボードです!

完全に私の独断と偏見による個人的見解であることをはじめに言っておきます。

私が今回オリンピックを見ていて、競技人口、初期投資の安さ、アスリート年収を比較して感じたのは、圧倒的にスケートボードがアスリートミリオネアへの近道じゃないかな?ということです。(もちろん決して決して簡単では無いと思いますが)

因みに私がスケートボードを推す理由はもう一つあります。以前、ヒトの遺伝しやすい能力と遺伝的要因が低い能力についての記事を書いたことがあるのですが、足の速さなどが遺伝的要因を強く受けるのに対して、スケートボードに必要とされるバランス感覚や動体視力などは遺伝の影響をうけにくい、小さい頃からの練習で積み上げやすい能力とされているのです。また、日本人は欧米人に比べて小柄で身軽ですから、小回りが利きますし、結構向いている種目なんじゃないかなと思うわけです。

ヒトの遺伝しやすい性質、知能IQ、頭の良さ、運動能力、肥満度など人の能力ってどの位遺伝で決まるの? 私は個人的に橘玲さんが好きで彼の書いた本はほとんど読んでいるのですが、彼の著書、「言っては...

サーフィンや野球もおすすめ

因みにサーフィンも海に面していないとできないスポーツである為か、競技人口も中程度で、海に近い人であれば初期投資低く始めやすいですし、スポンサーも結構いそうなのでお勧めです。アスリート年収で言うとスケボーより少し低めで、世界のトップ選手で5億円位だそうです。(勿論ほとんどの年収がスポンサー契約によるものです。)

またお気づきの方もいらっしゃると思いますが、実は野球もサッカーなどと比べて世界的な競技人口は少なく、初期費用も低めで年収は高いおすすめのスポーツになります。日本は野球が盛んなので日本で五輪代表になるのは難しいですが、日本の五輪代表レベルになると世界が見えてくるのもまた野球でしょう。

まとめ

今回は年収の高いアスリートを目指すとしたら何処が穴場で高コスパか?というスポーツの神髄からかけ離れた下世話なネタで話をさせていただきました。あくまで下世話ネタですので、真面目にスポーツをされているアスリートの皆様、気を悪くされたらスミマセン💦

今回の私の勝手な考察ですが、日本代表で五輪を目指すなら一番の穴場は近代五種、日本人がコスパよく始めて日本代表&アスリートミリオネアを目指すならスケートボードがおすすめ、という結果になりました。

勿論個々の才能に基づいた競技を選択するのがベストであるのは大前提での話になります。オリンピックも残り少なくなってきましたが、日本勢の素晴らしい活躍にまだまだ目が離せませんね。

ABOUT ME
Moya
アラフォー理系ママです。化粧品、美容医療、ダイエット、サプリメント、食、ファッション、旅、教育、その他お得情報etcを体験談やデータに基づき比較検証しながら日記形式で気楽につづっています。橋本病(甲状腺機能低下症)を持病に持ちながら、前向きに健康と美を追究しています。
PVアクセスランキング にほんブログ村
error: Content is protected !!