Moyadiary
リケジョママのゆるりとアンチエイジング。
ファッション

日本のユニクロも参入!世界ブランド注目のモデストファッションって何?

モデストファッションって知ってる?

私は長身の為、なかなか日本の服が合わないのでよく海外の服をネットで購入するのですが、最近私の良く使うネットサイトにモデストファッションというカテゴリが加わっていることに気が付きました。

私が気付かなかっただけで、若しかしたら昔からあったのかもしれませんが、このカテゴリに私が気付いたきっかけは、部屋着を買いたくて、ゆったりした動きやすい服を見ていた時でした。

私の見て感じたところによると、いわゆるオシャレ系ジャージの様なジョガーパンツや着心地のよさそうなゆったりめの露出が少ない服にモデストファッションというカテゴリわけがされていました。

今日はこのモデストファッションについて日本語英語のサイトも含めて、いろいろ調べたので、詳しく記事にしていきたいと思います。

モデストファッションとは?

モデストファッションとは一般的に捉えられている意味としては、肌を隠す保守的な服装やファッションのことをいいます。

モデスト(modest)とう言葉には日本語で「控えめ」や「慎み深い」といった意味があり、それをファッションに当てはめると、主に肌やボディラインの露出を控えたファッションを指すそうです。

モデストファッションは、ムスリムから生まれ、ムスリムファッションをより一般的に捉えた「モデストファッション」という言葉が出てきたのだそうです。

ただ私が使っている海外ファッションサイトのカテゴリなどを見てもわかるように、2022年現在、そのファッションの解釈はムスリム文化だけにとどまらず広く浸透してきているようです。

モデストファッションの市場規模

上述のように、モデストファッションとはもともとイスラム教徒の服装を一般的に捉えた、過度な肌の露出や体型のラインを見せることを避ける、保守的なファッションのことでした。

当初はここまで大きなファッション市場になるとは思われていなかったそうですが、世界で16億人もの人口にのぼるムスリムをターゲットに、現在では世界中のアパレルブランドがムスリムファッションへ相次いで参入を進めており、「モデストファッション」と呼ばれるカテゴリが確立してきたのだそうです。

イスラム教とは数も多いですし、オイルマネーでお金持ちも多いですから、かなり大きな市場規模であることは間違いないでしょう。

2022年現在モデストファッションは日々進化している

世界のトップブランドやファッション誌も注目するモデストファッション

直近のVOGU ARABIAの記事によると、2020/21年の世界イスラム経済報告書からみて、モデストファッションは2024年までに4,020億米ドルの産業になると予測されているそうです。

 参考 :How Modest Fashion is Evolving and Being Embraced By Women All Around the World (vogue.me)

ユニクロもモデストファッションに参入していた

2021年には我らが日本のユニクロからもモデストファッションが販売されていました。

ユニクロはユニクロ×HANA TAJIMA(ハナタジマ)の『HANA TAJIMA FOR UNIQLO』2021年秋冬コレクションで、英国生まれ・米国ニューヨークで活躍するムスリマ・ファッションデザイナー、HANA TAJIMAとコラボし、グローバルな視点で文化多様性を表現したコレクションをリリースしました。

これは日本語サイトでも普通に売られていたので、私も当時見つけた時は少しびっくりしましたが、日焼けや過度な露出を嫌う女性の多い日本では、意外と需要があるのかもしれません。

イスラムの女性が元気になっている証?

もともとイスラム社会において女性は自由を持たず家の中に縛られていましたが、近年社会に出て仕事をし、リーダーとして社会を引っ張っていくような女性も増えているそうです。

次第に存在感を増した彼女たちの声はファッション業界にも届き、モデストファッションという新たなファッションスタイルの確立に繋がったのでしょう。

それまで皆同じような格好をすることを余儀なくされていたムスリム女性たちに少しずつ自由の心が芽生え、彼女たちは抑えられていた個性を取り戻し、ファッションを通じて存分に自己表現できるようになったのです。

まとめ

いかがでしたか?

肌やボディラインの露出を控えたモデストファッションは、初めはムスリムの女性たちの声をもとに広まっていったファッションであるということがおわかりいただけたかと思います。

このモデストファッションは既にムスリムの女性を中心に巨大なマーケットが存在していますが、全世界の約16億人のイスラム教徒に限らず、男性の性的対象になる心配をすることなくファッションを楽しみたいという女性からも支持され、もはやトレンドというよりカテゴリーの一つになっています。

私も、機能性が良く着心地の良いゆったりとした服を探しているときに、このモデストファッションを知りました。

日本をはじめとするアジアの女性はもともと欧米の女性ほど肌を露出する文化がありませんから、このモデストファッションというカテゴリーは意外と日本女性に需要があるのではないかな?と個人的には感じています。

ファッションのカテゴリーが広がるのは良いことなので、モデストファッションももっと日本に広まってくれないかな?と思う今日この頃です。

ABOUT ME
Moya
アラフォー理系ママです。化粧品、美容医療、ダイエット、サプリメント、食、ファッション、旅、教育、その他お得情報etcを体験談やデータに基づき比較検証しながら日記形式で気楽につづっています。橋本病(甲状腺機能低下症)を持病に持ちながら、前向きに健康と美を追究しています。
PVアクセスランキング にほんブログ村
error: Content is protected !!