Moyadiary
リケジョママのゆるりとアンチエイジング。
シミ治療・美肌対策・化粧品etc

過剰な手洗いとアルコール消毒でおこる炎症やあかぎれを防ぐ方法と対策

先日友人のお嬢さん(幼稚園年長さん)の手が真っ赤に腫れていて泣きながら手を洗っているのを見てビックリしたのですが、どうやらコロナに対する過剰な手洗い&アルコール消毒のため肌を痛めてしまったそうなのです。

石鹸や消毒液は確かに細菌やウイルスを退治するために必要なものです。しかし、これらを退治することができるということは、少なからずの刺激があるという証拠になります。当然、私たちの肌、とくに角質層にダメージを与えることも少なくありません。角質層の役割は、大きく分けて肌を外的刺激から守ることと水分を保持することの二つです。そのため、角質層の構造が乱れたり、ダメージを受けたりすると肌の深層に外的な刺激が伝わりやすくなったり、乾燥しやすくなったりすることで肌荒れが生じてしまうのです。

また、角質層の表面では、キメを整えて乾燥を防ぐために皮脂の分泌が行われています。感染対策のため、頻回に手を洗うと肌を守ってくれる皮脂も洗い流すことになります。また、手指消毒に使用するアルコールも速乾性が強く、皮脂も一緒に乾かしてしまいます。つまり、感染対策を徹底していると、知らず知らずのうちに角質層にダメージを与えるだけでなく、必要な皮脂まで過度に除去してしまうことになり、乾燥が酷くなってしまうのです。

以上のようにコロナによる手荒れや消毒の必要性からこれからの季節、例年に比べ手荒れを起こす人はより多くなっていくと思います。ここで手荒れのレベルを三段階に分け、それぞれの状態にベストな対策を紹介していきたいと思います。

まず一段階目ですが、乾燥がひどい場合はハンドクリームを使用しましょう。基本的にはお好みのテクスチャーのものを使用して構いませんが、乾燥が酷いときは尿素配合のものを選んでみてください。尿素は固くなった角質層を柔らかくして新しい細胞に入れ替わるのを促す働きがあります。固くなった角質層の肌に幾ら化粧水などの水分を付けたところで、肌の深層までには届かないので、まずは角質層のケアをすることが大切です。

次に第二段階目ですが、もっとひどい手荒れになった場合の対策です。肌荒れが酷くなり、敏感肌やあかぎれなどがあるときなどは、肌の深層にまで外的な刺激が伝わりやすくなってしまいます。ここまで肌荒れが進行してしまうとハンドクリームに含まれる成分が刺激になり、ヒリヒリと感じてしまいます。こういう時は直ちに使用を中止して洗い流しましょう。

ここまで手荒れが進行した場合はどうしたらよいのでしょうか?答えは簡単です。このような時こそワセリンを使うのです。ワセリンは皮膚の保護材の一種。病院での治療にも用いられます。やや硬さのあるクリームのような感触で、肌を外的な刺激から守ったり、肌に水分をパッキングする力があります。ややべたつくこともありますが、あかぎれやひび割れがあるときは、その部分だけでもワセリンを塗ると治りが早くなります。ワセリンは強い効能のある薬ではなく、外的刺激をシャットアウトして自分の力で肌を回復していく手助けをするものです。いわば透明の手袋をまとうイメージでしょうか?ワセリンについては依然詳しく記事でまとめましたので、興味のある方は参考にしてみてください。

ワセリンが最強な理由と美容的5つの使い道 新生児にも使える安全性私がワセリンに興味を持ったのはアメリカで下の子(息子)を出産して新生児検診に行った時のことでした。息子はあせものような軽い肌荒れを起こし...

最後に三段階目ですが、手にかゆみのある湿疹が出てきた場合は接触性皮膚炎や手湿疹の可能性があります。ここからは自己流でケアをすることはやめなければなりません。これらの肌トラブルはステロイドの塗り薬などを使用しないと治らないこともあるからです。また肌荒れのもう一つの原因として、人によっては洗剤や消毒液にアレルギー反応を起こしてしまうこともあるので、そういう危険性から見ても、クリームなどを洗い流してもなお症状がひどい場合は必ず自己流ケアはやめましょう。悪化すると症状がどんどん広がっていくこともありますので、できるだけ早い段階で病院を受診するようにしてください。

勿論現段階で肌荒れを起こしていなくても予防対策としてハンドクリームやワセリンはとても優秀です。特に子供の皮膚は大人に比べてとても薄く荒れやすいので、手洗いしなさい、アルコール消毒しなさいと言い聞かせるだけでなく、その手が荒れないようにケアしてあげることも重要になります。

ABOUT ME
Moya
アラフォー理系ママです。化粧品、美容医療、ダイエット、サプリメント、食、ファッション、旅、教育、その他お得情報etcを体験談やデータに基づき比較検証しながら日記形式で気楽につづっています。橋本病(甲状腺機能低下症)を持病に持ちながら、前向きに健康と美を追究しています。
PVアクセスランキング にほんブログ村