Moyadiary
リケジョママのゆるりとアンチエイジング。
バックパッカーの記憶

女一人旅バックパッカーの思い出 ミラノからフィレンツェに向かう

ミラノからフィレンツェへ

前回の記事で南仏からイタリアに陸路で移動したときの話を書きました。
ミラノでは少し観光をしたのですが、この旅行では美術館や世界遺産周りをしたかったのでミラノよりはフィレンツェやローマの方が美術館や世界遺産が多めなのでそちらに時間を割こうかな?と思い、荷物をまとめてフィレンツェに行くために駅へと向かいました。

女一人旅バックパッカーの思い出 ニースとモナコ南仏からイタリアへニースに到着 以前バックパッカーでヨーロッパをまわった時の記憶を記事にしたのですが、続きを思い出しながら書いてみたいと思います...

ミラノでフィレンツェの宿は予約できないと言われた

ミラノ駅に着き、その日の宿を予約していなかった私は駅構内の旅行代理店に行き、フィレンツェの宿を取りたい旨を伝えました。私が学生の頃の話になるのでアナログにもほどがあるのですが、代理店の店員が言うことには、ミラノの代理店ではフィレンツェの宿は取れないのでフィレンツェの宿はフィレンツェの代理店でとってくれ、と言うのです。

当時はスマホも無かったので、インターネットカフェ等を探しましたが見つけることができませんでした。困った私は公衆電話からフィレンツェ駅構内にある旅行代理店に電話でホテルの予約を取りたい旨を伝えました。

電話の相手の男性は、「OK、待ってるよ。残念ながらこの電話で電話予約は出来ないけど、今からミラノを出たら4時過ぎにフィレンツェにつくよね?うちは5時まで開いてるからその時必ず予約は取れるよ。」と言われました。私は「ありがとう、今からユーロスターに乗るからよろしくね」と伝えてすぐにフィレンツェ行きの直近のチケットを取りに駅構内のチケットブースに向かいました。

遅れているユーロスターに待ってもらった話

チケット購入ブースに行ってフィレンツェに行きたい旨を伝え、20分後発のユーロスターに乗りたいと伝えると、駅員のお姉さんは、「定刻が10分前だったやつがまだ出てないからそれに乗るといいわよ、20分後のやつはもっと遅れると思うから。」といいました。

そして、いきなり構内に響くアナウンスで、今から日本人の女の子が○○に乗りに行くから待ってあげてね、みたいなことを(イタリア語で)言い、私に向かってホームを指さして笑顔で「今すぐ××ホームに行ってね、待っててもらってるから…GO!」といいました。

ミラノの駅は大きな駅です。ただでさえ遅れているユーロスターが私一人のために待っている!?急いでいかなければ!!!スーツケースをひいてものすごい勢いで私は走りました。構内の沢山の人が、私の顔をチラ見して、ああ、きっとあの構内放送の子はあの子ね、みたいなことを言っています。

それでも駅の構内は大きく、私は構内放送されてから乗車券を発券してもらって車両に乗り込むまでにたっぷり5分はかかったと思います。日本では電車の遅延は大問題です。ただでさえ遅れていた電車を私が5分も追加で遅らせてしまった。しかも日本人の女の子と言われてしまったので犯人が私なことはバレバレです。

私が車両に乗り込むと、乗客が一斉に私の顔を見ました。
怒られる?!
私が身構えたその瞬間、いきなり拍手喝さいがおこりました。
何がおこったのか訳がわからず、私はそこにいた乗客全員に向かって何度も頭を下げました。

お爺さんやお婆さんがイタリア語で何か言っています。隣にいた若い女性が、彼らは貴女が無事に間に合ってよかったねって言っているのよ、と通訳してくれました。

イタリア人が好きになった

よくイタリア人は時間に適当だとか、すぐ遅刻するという人がいます。かくいう私もその認識でした。しかしこの時この体験をして以来、私のイタリア人の時間間隔に対する印象は180度良い方向に変わりました。

日本では時間に遅れたりすることを人の時間を奪うマナー違反な行為ととらえます。しかしイタリアでは、人の時間を奪うことをさほど気にしないだけではなく、人に時間を奪われることも気にしていない、彼らは純粋に時間に対しておおらかな人たちなのです。

そして自分の時間を奪われたことを気にしないだけでなく、間に合ってよかったね、と陽気な拍手で迎えてくれたのです。私はこの時本当に、このイタリアという国の良さがわかったような気がしました。

女一人旅バックパッカーの思い出 ミラノからフィレンツェに到着フィレンツェに遅れて到着したら 前回南仏からミラノにわたり、ミラノからフィレンツェに行くためにユーロスターに飛び乗った話をしま...
ABOUT ME
Moya
アラフォー理系ママです。化粧品、美容医療、ダイエット、サプリメント、食、ファッション、旅、教育、その他お得情報etcを体験談やデータに基づき比較検証しながら日記形式で気楽につづっています。橋本病(甲状腺機能低下症)を持病に持ちながら、前向きに健康と美を追究しています。
PVアクセスランキング にほんブログ村
error: Content is protected !!